東北大 脳神経疾患に関与するタンパク質のはたらきを特定

遺伝子変異に由来する 新生児の脳委縮が発症する仕組みの一部を 東北大学が解明。   タンパク質「ATP6AP2」に着目し、 「V-ATPase」と呼ばれる、 細胞膜に存在する膜内のタンパク質が うまく機能しないために、異常な細胞の分化や細胞死が起きている としています。 ‥‥

京大 抗がん剤の耐性を防ぐ仕組みを発見

京都大学の研究グループが 抗がん剤への耐性防ぐ仕組みを発見。   プロテインキナーゼAというたんぱく質を APOBEC3Bと呼ばれる酵素に反応させると 遺伝子変異をほぼ食い止めることができることを発見。   がんの進行を抑える治療法の開発につながると見ている。 ‥‥

東北大学 すい臓がんの新治療方法を開発

すい臓がんは がんの中でも 早期発見が難しく、転移も早いので 治りにくいと言われています。   東北大学の研究グループが 生存期間の延長に効果的な治療方法があることを発表しました。   膵臓がん 東北大学 切除可能膵がんの新たな標準治療として 術前化学療法&# ‥‥