幸畑薬局

幸畑薬局

青森市大字幸畑字松元98番地

インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど


厚生労働省が対策広報
 
インフルエンザの患者が
突然走りだして転落するなどの
事故があいついでいる。
 
窓の施錠など
具体的な事故防止対策を来週にも
公表する。
 

インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超
東京新聞 2017年11月23日 02:03
インフルエンザにかかって急に走りだしたり、飛び降りたりするなどの異常行動が後を絶たないとして、厚生労働省は22日、ドアや窓を施錠するなどの対策を促す新たな通知を都道府県に出すことを決めた。昨シーズンは子どもを中心に少なくとも54件報告された。治療薬タミフル ...
インフル患者の異常行動に注意を 厚労省が対策公表へ産経ニュース
インフル患者の異常行動に注意喚起 日本Sputnik 日本
インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超BIGLOBEニュース

     

  1. 東京新聞:インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超:社会 ...
  2.  

  3. インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超
  4.  

  5. インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超|静岡新聞 ...
  6.  

  7. #インフルエンザ hashtag on Twitter
  8.  

  9. インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超 - スマホ版 ...
  10.  

  11. Ceron - インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超 - 共同 ...
  12.  

  13. インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超
  14.  

  15. MLインフルエンザ流行前線情報DB 2017-2018/日本地図表示
  16.  

  17. インフルエンザの異常行動に注意 飛び降りなど年50件超|BIGLOBE ...
  18.  

  19. 「タミフル」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebook ...

 

ES細胞、iPS細胞からミニ小腸 新薬開発に期待


国立成育医療研究センター
ES細胞やiPS細胞から
構造や動きが
本物に近いミニ小腸を作成。
 
 

ES細胞やiPS細胞で作った「ミニ小腸」、創薬活用へ
読売新聞 2017年11月22日 12:07
同センター研究所生殖医療研究部長の阿久津 英憲 ( ひでのり ) さんらは今年1月、2種類の細胞を特殊なプレートの上で培養して、直径1センチ程度の袋状をしたミニ小腸の作製に成功したと発表。便秘薬や下痢止めの薬に、本物の小腸と同様の反応をすることが確認された。


ES細胞から「ミニ小腸」作製…難病の原因解明、新薬開発に期待
読売新聞 2017年01月13日 09:54
様々な細胞に変えられる人のES細胞(胚性幹細胞)やiPS細胞(人工多能性幹細胞)から、構造や動きが本物に近いミニ小腸を作製できたと、国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)の研究グループが発表した。 クローン病など腸の難病の原因解明や新薬開発などへの ...
ミニ小腸作製に成功 移植に期待毎日新聞
iPSから「ミニ腸」作成、難病治療・創薬に道 成育医療センター産経ニュース

     

  1. iPS・ES細胞から「ミニ腸」 栄養吸収の働き確認:朝日新聞デジタル
  2.  

  3. ES細胞から「ミニ小腸」作製…難病の原因解明、新薬開発に期待 ...
  4.  

  5. ES細胞から機能的で動きも伴う立体臓器(「ミニ腸」)を創り出すことに成功
  6.  

  7. 万能細胞からミニ腸作製 1~2センチ、生体と同じ反応 :日本経済新聞
  8.  

  9. ES細胞やiPS細胞で作った「ミニ小腸」、創薬活用へ〔読売新聞 ...
  10.  

  11. ES細胞:ミニ小腸作製に成功 移植に期待 - 毎日新聞
  12.  

  13. iPSから「ミニ腸」作成、難病治療・創薬に道 成育医療センター - 産経 ...
  14.  

  15. ES細胞やiPS細胞で作った「ミニ小腸」、創薬活用へ (読売新聞(ヨミ ...
  16.  

  17. ES細胞からミニサイズの“動く腸”を作製!
  18.  

  19. ES細胞やiPS細胞で作った「ミニ小腸」、創薬活用へ (読売新聞(ヨミ ...

 

iPS 認知症薬候補発見


京都大iPS細胞研究所
3種類の既存薬を組み合わせ
アルツハイマー病を引き起こす
物質を抑える効果を確認したと
米科学誌「セル・リポーツ」
で公開。
 
 

iPS認知症薬、原因物質減少確認…京大など
読売新聞 2017年11月22日 07:24
京大iPS細胞研究所の井上治久教授(幹細胞医学)らは、患者の皮膚からiPS細胞を作って増やし、脳の神経細胞に変化させて培養。既存の1258種類の薬をふりかけ、アミロイドβを減らす薬を探した。 その結果、パーキンソン病とぜんそく、てんかんの3種類の薬を同時に加える ...
iPS認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少東京新聞
アルツハイマー、3薬併用で効果 京大が基礎研究日本経済新聞
アルツハイマー病 原因物質減らす、iPS細胞で“治療法”発見BIGLOBEニュース

     

  1. 東京新聞:iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少:社会 ...
  2.  

  3. ヘッドライン | 主要 | 医療・健康 | iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因 ...
  4.  

  5. iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少
  6.  

  7. iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少|静岡新聞アットエス
  8.  

  9. iPSで認知症薬候補発見 - Record China
  10.  

  11. アルツハイマー、3薬併用で効果 京大が基礎研究 :日本経済新聞
  12.  

  13. 長崎新聞 全国・海外ニュース:iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因 ...
  14.  

  15. iPSで認知症薬候補発見 | 社会 | ニュース | So-net
  16.  

  17. iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少【主要】- 徳島新聞社
  18.  

  19. iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少

 

幸畑薬局(青森)へようこそ
幸畑薬局
管理薬剤師  工藤 良一郎
TEL 017-728-5332
FAX 017-728-5335
休日夜間連絡先:017-728-5332
青森市大字幸畑字松元98番地
 
広告 広告
@kouhataaomoriツイート
地図
最近の投稿
平成26年11月の薬事法改正について
カテゴリー