ホーム » 健康ニュース » 

青森県感染症発生情報 2018年第48週 青森県感染症情報センター


青森県でインフルエンザ流行シーズン入りしました。
 インフルエンザに注意しましょう!
のホームページを更新しました。

 

青森県の感染症発生動向
2018年11月26日から
2018年12月2日まで
48週目の
集計結果です。
 
注目する感染症 青森
 ・ 咽頭結膜熱
 ・ 伝染性紅斑
 ・ インフルエンザ
 ・ 水痘
 

特集:感染症の窓 青森
 ・ インフルエンザ(5類全数把握対象疾患)

 
 

関連情報
青森県感染症情報ネット

 
青森県の感染症発生状況
 
国立感染症研究所
感染症発生動向週報のホームページ
https://www.niid.go.jp/niid/ja/
 
MMWR
Morbidity and Mortality Weekly Report
のページはこちら。
https://www.cdc.gov/mmwr/index.html
 
MMWR抄訳 アーカイブ - IMICライブラリIMICライブラリ
http://www.imic.or.jp/library/mmwr/

 
 

青森県感染症発生情報 2018年第48週

青森県感染症発生情報 2018年第48週

 
 

抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル) 2018年12月


新規の抗インフルエンザウイルス薬
ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル)
に関する最近の情報です。
 
 

塩野義 抗インフルエンザ薬ゾフルーザの顆粒剤、今冬は発売せず 適応外使用のリスク回避
ミクスOnline 2018年11月22日 04:04
塩野義製薬は、9月に承認を取得した抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル)の顆粒剤について、今冬の2018‐19シーズンは発売しないことを決めた。同社広報部が11月21日、本誌取材に明らかにした。 顆粒剤は成人及び12歳以上の小児 ...

抗インフルエンザ薬ゾフルーザ 処方経験医の84%が「今後、処方増やす」
ミクスOnline 2018年11月06日 03:53
新規の抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル)を処方した経験のある医師の84%が「今後、ゾフルーザの処方を増やす」と考えていることが、ミクス編集部の調査でわかった。ゾフルーザの処方経験医に、患者の年齢・年代別に「最も多く処方 ...
インフル薬「ゾフルーザ」シェア1位に 負担軽く人気産経ニュース
インフル治療、1回飲むだけ 新薬「ゾフルーザ」登場日本経済新聞

インフルエンザに“新薬”登場 早くも学級閉鎖に
www.fnn.jp 2018年12月03日 20:18
2018年3月に発売された「ゾフルーザ」は、1回の服用で治療が終了。 また、タミフルなど、これまでのインフルエンザ薬は、細胞の中で増殖したウイルスの拡散を防ぐというものだが、ゾフルーザは、細胞の中で、ウイルスの増殖そのものを抑える薬。 廣津院長は「ウイルスが早く ...

インフル新薬「ゾフルーザ」に医師が慎重になる理由
毎日新聞 2018年12月02日 06:05
昨シーズン(2017/18年)に米国で8万人もの命を奪ったインフルエンザ。00年代初頭に登場した抗インフルエンザ薬「タミフル」(注1)は転落死などの事故との関係が指摘され使いたくないという声があるなか、今年3月には「ゾフルーザ」という新薬が緊急発売され注目を集めてい ...

ゾフルーザ、画期的インフルエンザ治療薬に懸念点
Business Journal 2018年11月12日 21:03
従来の治療薬であるタミフルなどは、ノイラミニダーゼ阻害薬(増殖したウイルスを、その細胞の中に閉じ込めることによって拡散を抑制する薬)であるのに対して、ゾフルーザはエンドヌクレアーゼ酵素阻害薬(ウイルスの複製を抑制する薬)で、作用機序が異なります」(岡本医師).

インフル対策2018、新薬「ゾフルーザ」の効果は?
ダイヤモンド・オンライン 2018年11月21日 05:10
インフルエンザの流行が始まっている。ワクチン接種は11月中に済ませるのが理想的だ。2回接種をするなら2~3週間ほど間隔を空け、12月中に2回目を接種するといい。 大人でも注射は嫌なものだ。インフルエンザワクチンは筋注で、正直に言えば痛い。国内でも負担が少ない「 ...

イナビルのシェアをゾフルーザが奪う構図
日経メディカル 2018年11月15日 00:35
三和 護=編集委員. 2018/19シーズンに主に使う抗インフルエンザ薬は、タミフルが43.6%で1位だった。2位は27.4%でイナビル、今シーズンが本格的なデビューとなるゾフルーザは15.1%で3位だった。直近の調査との比較では、ゾフルーザがイナビルのシェアを奪う構図が鮮明 ...

注目浴びるインフル新薬「ゾフルーザ」 従来薬との違いは?
ニフティニュース 2018年11月08日 07:35
昨シーズンの終盤に販売開始されたゾフルーザは、発売からわずか2週間で40万人に処方された。本格的な流行シーズンを通して処方されるのは、今回が初めてとなる。 タミフル、リレンザ、イナビルといった従来のインフルエンザ治療薬とゾフルーザが大きく異なるのは、薬が効く ...
新薬ゾフルーザの利点と残された懸念日経メディカル
1回飲めばOK インフルエンザに注目の新薬登場www.fnn.jp
インフル新治療薬ゾフルーザは1回のむだけ日テレNEWS24

飛び降り、号泣・・・「異常行動」新薬でも インフルエンザのシーズン到来!何に気を付けるべきか
www.fnn.jp 2018年11月23日 18:03
また2018年2月にタミフルと同じ経口摂取型の新薬「ゾフルーザ」が国に承認された。 ゾフルーザは一回飲むだけでA型とB型のインフルエンザに効果があるとされる画期的な治療薬で、昨シーズンは3.7万人に処方されている。 →新薬「ゾフルーザ」についての記事はこちら 「1回 ...

画期的なインフルエンザ新薬、「ゾフルーザ」をFDAが承認
Yahoo!ニュース 個人 2018年11月10日 20:20
ゾフルーザは、従来の抗インフルエンザ薬とはウイルス抑制の仕方が異なります。この治療薬は、ウイルス自体の増殖に必要なキャップ依存性エンドヌクレアーゼと呼ばれるものを阻害するのです。理論的に言えば、従来の治療薬よりもインフルエンザに対して効果が高いという ...

  1. インフルエンザ 変わる治療薬の市場―ゾフルーザがシェア拡大 タミフル ...
  2.  

  3. ゾフルーザの作用機序 | 作用メカニズム | 抗インフルエンザウイルス剤 ...
  4.  

  5. ゾフルーザ錠10mg/ゾフルーザ錠20mg/ゾフルーザ顆粒2%分包
  6.  

  7. ゾフルーザ錠10mg・錠20mg・顆粒2%分包 | 製品情報一覧 | 医療関係者 ...
  8.  

  9. 第8回 ゾフルーザとタミフル、どちらを処方する?|スペシャリストの視点 ...
  10.  

  11. 日本感染症学会 - ガイドライン・提言 - 提言 - キャップ依存性エンド ...
  12.  

  13. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ 処方経験医の84%が「今後、処方増やす ...
  14.  

  15. 【レビュー】インフルエンザにゾフルーザ®は使うべきか? : EARLの医学 ...
  16.  

  17. 塩野義 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ顆粒剤の承認取得 申請から約5か ...
  18.  

  19. 1回飲むだけのインフル新薬「ゾフルーザ」ってどんな薬? 医師に聞いた ...
  20.  


 
 

インフルエンザに関わる最近のニュース 2018年 11月末


「インフルエンザ」に関する最近のニュースを
掲載しました。
 
 
 
 
 
 
 
 

青森県でインフルエンザ流行シーズン入りしました。
 インフルエンザに注意しましょう!
のホームページを更新しました。

 
 

インフルエンザ、全国の定点報告は0.52人に増加
日経メディカル 2018年11月30日 14:32
インフルエンザ患者の報告数が目立ってきた。11月25日までの1週間(第47週)に全国の定点医療機関を受診した患者数は、定点当たり0.52人と前週の0.38人から増加した。青森県と鹿児島県も全県で流行の目安である1人を超え、沖縄県と三重県に次いで流行期入りした。
インフルエンザ感染拡大、入院患者が前週比3倍に 厚生労働省が発生状況を公表株式会社CBコンサルティング(CBnews)
インフルエンザ「流行シーズンに突入」全国で1.8万人ハザードラボ

年末のイベントや帰省でインフルエンザを拾わないために ワクチン接種は早めがおススメ
ニフティニュース 2018年11月30日 16:48
年末に入り、冬のイベントや帰省などで交通機関を使ったり、人混みに出る事が増える時期がやってきました。ここで厄介なのが、インフルエンザなどの感染症。筆者は風邪をひいて職場のインフルエンザワクチン接種のチャンスを逃してしまったその年に、冬のコミケに参加したら ...
基山町指定医療機関のインフルエンザ予防接種情報まとめ2018大字基山 (ブログ)
インフルエンザ 流行期前にワクチン不足長野日報

家族がインフルエンザにかかったら タミフルの予防効果は?
Yahoo!ニュース 2018年11月30日 17:12
インフルエンザの増殖力は強いので、ウイルスに感染すると自分の抵抗力でウイルスをやっつけられる数以上にすぐに増えてしまい、インフルエンザにかかってしまいます。タミフルは、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。タミフルを飲むことで、インフルエンザウイルスに ...

【感染症ニュース】インフルエンザ 患者数は6週連続で増加 11/26~12/2(第48週)または12/3~12/9(第49週)にも全国的な流行開始の基準を超える予想
Yahoo!ニュース 2018年11月29日 18:28
薬局サーベイランスによると、2018/11/19~11/25(第47週)のインフルエンザの1週間当たりの推定患者数は18,599であり、第42週以降6週連続して増加が続いています。また、休日明けの11/26の1日当たりの推定患者数は7,157と今シーズンの最高値(3,794)を大きく上回っ ...

家族がインフルエンザにかかったら うつらないためにすべきこと
Yahoo!ニュース 2018年11月30日 12:06
家族がインフルエンザにかかってしまったら、どうすればいいんだろう。アドバイスを川村内科診療所(神奈川)院長の川村昌嗣先生に聞いた。(山口佳子). 家族がインフルエンザにかかったら うつらないためにすべきこと. 川村昌嗣先生(川村内科診療所院長)内科医。慶應義塾 ...

インフルエンザ「流行期入り」は気温と湿度が影響 今シーズンは?
ハフィントンポスト 2018年11月24日 15:02
秋も深まってきました。この時期、いつインフルエンザが流行期入りするのか、気になる人も多いのではないでしょうか。今冬はエルニーニョ現象で暖冬傾向とみられていますが、暖冬とインフルエンザ流行の関係を専門家に取材しました。

新型インフルエンザ、拡大どう防ぐ 病院と保健所で訓練
朝日新聞 2018年11月28日 15:11
新型インフルエンザはほとんどの人が免疫を持たないため、いったん感染が拡大すると世界的な大流行(パンデミック)を起こすことが懸念されている。このため、県立看護大学は2011年度から認定看護師教育課程「感染管理」を開講し、県内の専門家育成を進めている。

マスクで風邪やインフルエンザは予防できない? マスクの正しい使い方とは
Yahoo!ニュース 個人 2018年11月27日 07:11
風邪やインフルエンザ対策のツールとして何気なく使っている使い捨てマスク。「マスクしているから安心」と思っているかもしれませんが、結論から言うと残念ながらマスクだけで風邪やインフルエンザを予防するのは難しいです……。ただし手洗い等との合わせ技で使うには良い ...
園児・低学年の風邪やインフルエンザに関する意識調査を2129人に実施 7割以上の世帯で「だれか一人の感染で家族中に風邪やインフルエンザが蔓延した」と回答アットプレス (プレスリリース)

インフルエンザ、ワクチン 3~4週で効果…下熱後すぐの外出控えて
読売新聞 2018年11月28日 06:09
毎年のように秋から冬に流行するインフルエンザは伝染力が非常に強い感染症です。医療機関を受診する人は毎年1000万~1500万人に上ります。高齢者や乳幼児、免疫力の低下した人は重症化することもあり、特に注意が必要です。(辻田秀樹) ...

インフルエンザにならないために、知っておくべき10のNG行為
Yahoo!ニュース 2018年11月28日 06:15
熱っぽくて鼻水が止まらず、体の節々が痛くなってきた……。これはいったい風邪なのかインフルエンザなのかと不安を覚えた直後に熱が上がり、頭痛と筋肉痛が強くなったら、それはおそらくインフルエンザ。なってしまったらやっかいな冬の大敵、インフルエンザを予防するには ...

  1. 青森県の感染症発生状況|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural ...
  2.  

  3. 青森市立小・中学校におけるインフルエンザ様症状による欠席状況/青森市
  4.  

  5. インフルエンザに注意しましょう!|青森県庁ウェブサイト Aomori ...
  6.  

  7. インフルエンザ情報
  8.  

  9. インフルエンザ関連情報 - 弘前市
  10.  

  11. 新型インフルエンザ - 青森県南部町(なんぶちょう)
  12.  

  13. 一般社団法人 青森市医師会
  14.  

  15. 子どもインフルエンザ予防接種費用助成事業 - 青森県南部町(なんぶ ...
  16.  

  17. 小児インフルエンザ予防接種費助成事業のお知らせ - 青森県藤崎町 ...
  18.  

  19. TOP |青森保健生活協同組合
  20.  


 
 

幸畑薬局(青森)へようこそ
幸畑薬局
管理薬剤師  工藤 良一郎
TEL 017-728-5332
FAX 017-728-5335
休日夜間連絡先:017-728-5332
青森市大字幸畑字松元98番地
幸畑写真集
 
広告 広告
@kouhataaomoriツイート
地図
最近の投稿
平成26年11月の薬事法改正について
カテゴリー