幸畑薬局

幸畑薬局

青森市大字幸畑字松元98番地

ドライアイ、涙腺の細胞死が原因 東北大、薬剤治療に道


2013/03/01 02:06 【共同通信】

eye 東北大大学院の牟田達史教授(免疫学)らの研究グループは28日、免疫疾患「シェーグレン症候群」の代表的な症状である目の乾燥(ドライアイ)が、涙腺で起きる過剰な細胞死によって引き起こされることをマウスの実験で解明した、と発表した。

 2月28日の米科学誌「イムニティー」のオンライン版に掲載。牟田教授は「細胞死を抑制する薬剤が有効なことを示した。治療に大きく貢献する」としている。

 マウスの涙腺で細胞死を抑える遺伝子を破壊したところ、免疫細胞のリンパ球が活性化し、涙の分泌量が低下。ヒトのシェーグレン症候群と似た症状が現れた。

シェーグレン症候群

wikipediaより

シェーグレン症候群(Sjögren syndrome)とは、自己免疫疾患の一種であり、涙腺の涙分泌を障害、唾液腺の唾液分泌などを障害する。40~60歳の中年女性に好発し、男女比は1対14である[1]。シェーグレンとは、スウェーデンの眼科医の名前である。アメリカでは(Sjogrne SYNDROME)ショーグリーンと発音する。

リレンザ吸入し1人死亡 アレルギー性ショックで


2013/02/28 01:39 【共同通信】

relenza 厚生労働省は27日、2009~12年に抗インフルエンザ薬の「リレンザ」を吸入した患者3人が、副作用とみられるアレルギー性ショックを起こし、うち1人が死亡していたと発表した。リレンザは年間推計170万人が使用している。

 同省は、薬の使用上の注意書きに、重大な副作用として「ショック」を加えるよう指導した。

 同省によると、家族がB型インフルエンザに感染した30代女性が、予防のためリレンザを吸入したところ、数分後に呼吸困難となり手足が硬直、間もなく死亡した。女性には気管支ぜんそくの発症歴があり、リレンザ吸入当日には発熱と感染性胃腸炎による嘔吐もあったという。

「リレンザ」で3人がショック、1人死亡

2013年2月27日21時59分 読売新聞

 抗インフルエンザ薬の一つ「リレンザ」を2009~12年に使った患者3人がアレルギー性ショックを起こし、このうち1人が死亡したと、厚生労働省が27日発表した。

 薬の添付文書の副作用欄に「ショック」を書き加え、患者を十分に観察するよう医師に求めた。

 厚労省によると、死亡したのは30歳代の女性。12年、家族がインフルエンザに感染したため、医療機関で予防のために吸入したが、数分後に呼吸困難となり、間もなく死亡した。気管支ぜんそくの発症歴があり、当日は発熱や感染性胃腸炎の症状があった。

 09年には、インフルエンザと診断された10歳代の女性が、リレンザを吸入した6時間半後、一時的に意識を失った。もう1人は10歳代の男性で、同年、一時的に呼吸困難となった。

血液細胞で食欲抑制 滋賀医大、摂食障害治療に


2013/02/27 01:00 【共同通信】

diet 血液細胞が脳内の食欲をコントロールする中枢に移動して働くことで、食欲を抑制している仕組みを滋賀医科大の小島秀人准教授のチームが解明した。成果は26日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版に発表した。

 小島准教授によると、これまで脂肪や胃の細胞による食欲調節の仕組みは分かっていたが、血液細胞の働きによるものが明らかになったのは初めて。拒食症や過食症など摂食障害の治療につながる可能性があるという。

 研究ではマウスを使い、血液細胞が脳の視床下部にある神経組織に入り込んで、摂食を抑える働きを持つタンパク質を分泌していることを突き止めた。

幸畑薬局(青森)へようこそ
幸畑薬局
管理薬剤師  工藤 良一郎
TEL 017-728-5332
FAX 017-728-5335
休日夜間連絡先:017-728-5332
青森市大字幸畑字松元98番地
 
広告 広告
@kouhataaomoriツイート
地図
最近の投稿
平成26年11月の薬事法改正について
カテゴリー