ホーム » 健康ニュース » 

青森労災病院が「SAS」専門外来を開設 今日の医療ニュース


青森労災病院が「SAS」専門外来を開設

 八戸市の青森労災病院(須田俊宏院長)の循環器内科が8月から、寝ている間に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の専門外来を立ち上げ、治療に取り組んでいる。耳鼻科や呼吸器科のイメージが強いSASだが、心疾患との関連も深いことから、循環器内科で並行して治療を進めるという。

 

睡眠時無呼吸症候群 厚生省のホームページ

 
眠り出すと呼吸が止まってしまうため、過眠や高血圧などを引き起こす病気。
 

 睡眠時無呼吸症候群は眠り出すと呼吸が止まってしまう病気です。呼吸が止まると、血液中の酸素濃度が低下するため、目が覚め、再び呼吸し始めますが、眠り出すとまた止まってしまいます。これを一晩中繰り返すため、深い睡眠がまったくとれなくなり、日中に強い眠気が出現します。酸素濃度が下がるため、これを補うために心臓の働きが強まり、高血圧となります。酸素濃度の低下により、動脈硬化も進み、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。さらに、睡眠不足によるストレスにより、血糖やコレステロール値が高くなり、さまざまな生活習慣病やメタボリック・シンドロームがひきおこされます。
 1時間あたり10秒以上の呼吸停止が20回以上出現するような中等症?重症の睡眠時無呼吸症候群を放置すると、心筋梗塞、脳梗塞、生活習慣病、眠気による事故、などのため、死亡率が非常に高くなるため、すぐに治療が必要です。
 ひどいイビキ、睡眠中の呼吸停止がある場合には速やかに専門の医療機関で検査・治療を受けることが大切です。

糖尿病患者の半数が超過=合併症予防の血糖目標値―循環器病研究センター

 治療を受けている糖尿病患者のうち半数は、血糖が合併症予防の目標となる値より高いことが国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)などの調査で分かった。特に50代後半から60代に高い人が多く、研究グループは仕事や家族の介護などで忙しく、食事の管理などが十分できていない可能性があるとみている。

H7N9型鳥インフルワクチン開発へ…厚労省

 厚生労働省は2日、中国で今春、感染が広がった鳥インフルエンザ(H7N9型)のワクチンを開発することを決めた。

 同日開かれた専門家会議で了承された。今後、ワクチンメーカーに協力を求め、早ければ今月中にも開発を始める。

 H7N9型ウイルスの人への感染は今春、中国で初めて見つかった。先月11日までに中国と台湾で135人が感染し、44人が死亡したと報告されているが、人から人へと持続的に感染する状況にはなっていない。

カネボウ 新たに1400人余に症状

NHKニュース

カネボウ化粧品の「美白効果」をうたった化粧品の利用者に肌がまだらに白くなる症状が出ている問題で、新たに1400人余りに症状が出ていることが確認され、会社側が症状を確認した人は合わせて8600人以上となりました。


2013年9月3日 読売新聞
 カネボウ化粧品の白斑被害、6690人に

 カネボウ化粧品は2日、美白化粧品で肌がまだらに白くなる白斑の健康被害が起きた問題で、8月25日時点の被害者数が6690人だったと発表した。

<ビタミンD不足>北日本は長時間の日光浴を という記事が毎日新聞に載っていたけれど


紫外線をあびると良くないというハナシを良く聞きますが、どうなんでしょうねぇ。
 

<ビタミンD不足>北日本は長時間の日光浴を

 成人が1日に必要とする量のビタミンDを体内で作るには、北日本ほど長時間の日光浴が必要とされ、冬の札幌市では茨城県つくば市の3倍以上の時間がかかることが、国立環境研究所(つくば市)の研究で明らかになった。30日付の日本ビタミン学会機関誌に発表する。

 
上記記事の関連記事の欄で

Dr.中川のがんの時代を暮らす:/66 日本人向けの予防策

毎日新聞 2013年01月28日 東京朝刊

 これまで、がんに関する情報の多くは欧米発のものでした。たとえば、日光浴で皮膚がんが増えると言われますが、白人に対しては正しくても、有色人種の日本人にはあてはまりません。

という事で、紫外線で皮膚がんになる事はないそうです。
東洋人と白人では、がんに関する関連性が違うという事が書いてありました。ぜひ記事をご覧になってください。

地域医療に従事しながらキャリア形成- 東北大病院、ICTで医師教育体制構築 今日の医療ニュース


北陸 東北など非常に激しい雨のおそれ

大気の状態が非常に不安定になっているため、北陸と東北などでは夕方にかけて局地的に1時間に60ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
気象庁は、低い土地の浸水や土砂災害、それに落雷や突風に十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、日本海にある低気圧と前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本から北日本にかけての日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になり、各地で雨雲が発達しています。

地域医療に従事しながらキャリア形成- 東北大病院、ICTで医師教育体制構築

東北大病院は28日、地域で医療活動を続けながらキャリア形成やスキルアップが可能となる東北大の取り組みが、文部科学省の「未来医療研究人材養成拠点形成事業」に選ばれたと発表した。

虚血性心疾患 発症6時間以内が大切

 急性心筋梗塞と診断されると、すぐに冠動脈の詰まった部分の血流を再開させる治療を開始します。詰まった血栓を薬剤で溶かす治療もありますが、多くは狭心症の場合と同様、詰まった部分にステントを入れて広げるカテーテル治療が選択されます。緊急の心臓バイパス手術を行う場合もあります。急性心筋梗塞の合併症としては、心不全、不整脈、まれですが心破裂などがあり、カテーテル治療終了後は、CCU(心血管系疾患集中治療室)での集中治療が行われます。

医療・介護費5兆円圧縮へ…予防や後発薬推進で

 厚生労働省は29日、2025年度までに約30兆円の伸びが見込まれる国民全体の医療・介護費を、5兆円程度圧縮して70兆円未満とする新目標を掲げることを決めた。

院内感染対策で厚労省に勧告 NHKニュース

医療機関の院内感染の対策について厚生労働省が大規模な病院に求めている施設内の巡回が十分行われていないなどとして、総務省は、厚生労働省に対策を徹底するよう勧告しました。

<ビタミンD不足>北日本は長時間の日光浴を

 成人が1日に必要とする量のビタミンDを体内で作るには、北日本ほど長時間の日光浴が必要とされ、冬の札幌市では茨城県つくば市の3倍以上の時間がかかることが、国立環境研究所(つくば市)の研究で明らかになった。30日付の日本ビタミン学会機関誌に発表する。

 
上記記事の関連記事の欄で

Dr.中川のがんの時代を暮らす:/66 日本人向けの予防策

毎日新聞 2013年01月28日 東京朝刊

 これまで、がんに関する情報の多くは欧米発のものでした。たとえば、日光浴で皮膚がんが増えると言われますが、白人に対しては正しくても、有色人種の日本人にはあてはまりません。

という事で、紫外線で皮膚がんになる事はないそうです。
東洋人と白人では、がんに関する関連性が違うという事が書いてありました。ぜひ記事をご覧になってください。

幸畑薬局(青森)へようこそ
幸畑薬局
管理薬剤師  工藤 良一郎
TEL 017-728-5332
FAX 017-728-5335
休日夜間連絡先:017-728-5332
青森市大字幸畑字松元98番地
 
広告 広告
@kouhataaomoriツイート
地図
最近の投稿
平成26年11月の薬事法改正について
カテゴリー