幸畑薬局

幸畑薬局

青森市大字幸畑字松元98番地

甲府共立病院でインフル13人感染、1人死亡…山梨


2013年1月6日 読売新聞

infuru5甲府市宝の甲府共立病院は5日、入院患者と職員計13人がインフルエンザに集団感染し、80歳代男性が4日午後に死亡したと発表した。ほかの12人の症状は軽く、全員快方に向かっているという。

 同病院によると、インフルエンザに感染したのは50~90歳代の入院患者11人と、20~30歳代の職員2人。このうち患者4人と職員2人は予防接種をしていた。

 死亡した男性はインフルエンザとノロウイルス感染を併発し、死因は多臓器不全だった。どちらが直接の死因かは断定できないという。男性は神経疾患で昨年11月から入院していた。同病院では12月30日から、入院患者や職員にインフルエンザの症状が見られ、1月1日に院内で検査をした結果、8人が感染していることが分かった。

 多くの感染者が、食事やリハビリのために共同で使う特定の「デイルーム」を利用しているという。12月27日には、このデイルームを利用していた入院患者に38度の発熱が見られ、1日にインフルエンザ感染が確認されていることから、感染源になった可能性が高いという。同病院では、発熱した場合はデイルームの利用を控えるよう呼び掛けていたが、利用禁止などの措置はとっていなかった。

インフルエンザとノロ感染併発、甲府で男性死亡

2013年1月6日10時05分 読売新聞
 甲府市宝の甲府共立病院は5日、入院患者と職員計13人がインフルエンザに集団感染し、80歳代男性が4日午後に死亡したと発表した。

 ほかの12人の症状は軽く、全員快方に向かっているという。

 同病院によると、インフルエンザに感染したのは50~90歳代の入院患者11人と、20~30歳代の職員2人。このうち患者4人と職員2人は予防接種をしていた。

 死亡した男性はインフルエンザとノロウイルス感染を併発し、死因は多臓器不全だった。どちらが直接の死因かは断定できないという。男性は神経疾患で昨年11月から入院していた。同病院では12月30日から、入院患者や職員にインフルエンザの症状が見られ、1月1日に院内で検査をした結果、8人が感染していることが分かった。

 多くの感染者が、食事やリハビリのために共同で使う特定の「デイルーム」を利用しているという。12月27日には、このデイルームを利用していた入院患者に38度の発熱が見られ、1日にインフルエンザ感染が確認されていることから、感染源になった可能性が高いという。同病院では、発熱した場合はデイルームの利用を控えるよう呼び掛けていたが、利用禁止などの措置はとっていなかった。

弘前市が入院医療費無料化検討 青森


東奥日報 2013年1月5日

byouin 弘前市の葛西憲之市長は4日の定例会見で、子育て世代の経済的負担を軽減するため、2013年度、満18歳までを対象に入院した際の医療費無料化を検討していることを明らかにした。

県内では西目屋村など一部町村で満18歳までの入院時の医療費や、通院費を無料化しているが、市部では初めてとなる。

 無料化を検討しているのは、満18歳までの子どもが病気やけがで入院した際、保険診療の自己負担分に当たる金額で、通院で掛かる医療費は含まない。

 同市は現在、県の制度を活用し、未就学児の入院や通院で掛かる医療費を軽減している。検討中の無料化が実現すれば、市は新たに小学生以上から年間230人程度の申請があると見込んでいる。

 また、葛西市長は未就学児を対象にインフルエンザ予防接種費用の一部を助成することを検討していることも明らかにした。

山形で19人ノロ感染か いずれも軽症


2013/01/05 20:36 【共同通信】

 山形県は5日、南陽市の丹泉ホテルで食事をした10~80代の男女19人が下痢や腹痛の食中毒症状を訴え、うち5人からノロウイルスを検出したと発表した。いずれも軽症で快方に向かっているという。

 県によると、19人は昨年12月31日から今月1日にかけてホテルで刺し身などの提供を受けた。

調理担当の従業員からもノロウイルスを検出したため、食事が原因と判断した。県はホテルの飲食部門を5日から3日間の営業停止処分とした。

幸畑薬局(青森)へようこそ
幸畑薬局
管理薬剤師  工藤 良一郎
TEL 017-728-5332
FAX 017-728-5335
休日夜間連絡先:017-728-5332
青森市大字幸畑字松元98番地
@kouhataaomoriツイート
地図
最近の投稿
平成26年11月の薬事法改正について
カテゴリー