がん細胞と神経の相互作用を解明

横浜市立大学、米国MDアンダーソンがんセンター
がん組織中の神経線維の密度が高いと
患者の生存期間が短いことを発見。
 
がん関連交感神経が患者の予後を予測する指標となりうる。
また
有望な治療標的となる可能性もある。
 
→ がん細胞と神経の相互作用の解明に横浜市立大学などが成功
 

がん細胞 神経の相互作用 横浜

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。