シェーグレン症候群とは?

「シェーグレン症候群」という病名は、
スウェーデンの眼科医ヘンリック・シェーグレン博士(1899-1986)によって
1933年に発見されたことに由来しています。
 
シェーグレン症候群は
中年の女性に多くみられる傾向があります。
 
シェーグレン症候群は、
早期発見・早期治療で病気の予後が変わるので
おかしいなぁ と思ったら病院で相談しましょう。
 
「シェーグレン症候群」とは?
 

糖尿病 健康寿命

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。