チャンピックス (禁煙補助薬)の添付文書 警告の項目を削除へ

禁煙補助薬 チャンピックス錠
(バレニクリン酒石酸塩)

添付文書から
抑うつ気分、精神障害、自殺念慮
など「警告」の項目を
削除する方針を厚生労働省が決めた。
 
 
 


広告

広告

 
[normal_box color=”orange” border=”b3″] 禁煙補助薬添付文書、「警告」の項目削除へ 厚労省
株式会社CBnews (会員登録) 2017年06月23日 19:46
この禁煙補助薬については、厚労省が2009年8月、米国での添付文書改訂などを踏まえ、「警告」の項目を新設し、「本剤との因果関係は明らかでない」としながらも、抑うつ気分、精神障害、自殺念慮などが報告されていることを記載していた。 医薬品医療機器総合機構(PMDA) …
 

禁煙補助薬「チャンピックス」、大規模国際共同臨床試験の結果を発表-米ファイザー
QLifePro医療ニュース 2016年05月09日 12:24
米ファイザー社は4月22日、販売承認取得済みの禁煙補助薬に関する大規模臨床試験「EAGLES試験」(Evaluating Adverse Events in a Global Smoking Cessation Study)の結果を発表した。この試験は、精神疾患の既往歴のある、および同既往歴のない成人喫煙者8,144 …
 

禁煙補助薬「チャンピックス」で自殺リスク8.4倍―米研究
kenko 100 2011年11月10日 12:05
今年10月24日、米食品医薬品局(FDA)は禁煙補助薬「チャンピックス」(一般名バレニクリン)の服用による精神神経症状との関連について、「他の禁煙補助薬に比べ、精神神経症状が増加するとは判断できない」と発表した。しかし、米薬物安全使用協会(ISMP)のThomas J.
 

[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す