ノロウイルスによる感染性胃腸炎

ノロウイルス等検出状況 2018/19シーズン
(2018年12月19日現在報告数)
国立感染症研究所 より
 
[imglist icon=”dot2″ color=”green”]

  • 「感染性胃腸炎」から検出されている病原体は、ノロウイルスが最多である
  • 検出されたノロウイルスでは、ノロウイルスgenogroup II(GII)が8割以上を占める
  • 2015/16シーズンからノロウイルスの遺伝子型別法に変更があり、表記も変更された。(例:GII.17は旧表記ではGII/11)
  • [/imglist]

     

     
     



    広告

    広告

    コメントを残す