ノロウイルスに感染、男性死亡 16人発症、大阪の医療機関

2013/01/08 16:41 【共同通信】

 大阪府は8日、同府茨木市内の医療機関で、患者14人と職員2人の計16人が嘔吐や下痢の症状を訴え、うち3人からノロウイルスを検出したと発表した。男性患者(85)が死亡し、ほかの発症者は快方に向かっている。


広告

広告

 府によると、16人は先月29日に発症。男性患者は30日に死亡した。死因は心不全で、ノロウイルスとの因果関係は分からないという。



広告

広告

コメントは受け付けていません。