パーキンソン病 iPS細胞で改善

京都大学iPS細胞研究所
iPS細胞を応用して
サルの
パーキンソン病の症状を
大きく完全。
 
来年度
治療法として国の承認を得るために
臨床試験を実施予定。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]iPS細胞を応用 パーキンソン病改善をサルで確認
NHK 2017年08月31日 05:25
京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授などのグループは、神経の細胞が失われることで手足が震えたり、体が動かなくなったりする、難病のパーキンソン病のモデルとなるサル11頭を使って、脳の中にヒトのiPS細胞から作った神経の元となる細胞を移植して症状が改善するか …
iPSパーキンソン病改善…サルの脳に移植読売新聞
iPS細胞でパーキンソン病改善 サルの脳で成功テレビ朝日
iPSパーキンソン病改善 サルで確認 来年にも治験朝日新聞


iPS移植サルの症状改善 パーキンソン病、京大が確認
岐阜新聞 2017年08月31日 02:23
人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経の元になる細胞を作ってパーキンソン病のサルの脳に移植し、最長2年間観察した結果、症状が改善し、腫瘍ができる異常も起きなかったと、京都大の高橋淳教授のチームが30日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。


iPSから血小板量産 献血頼らず輸血 18年にも治験
東京新聞 2017年08月07日 14:46
iPS細胞の応用> 体のさまざまな細胞に変化するiPS細胞の性質を生かし、理化学研究所が2014年、目の網膜の細胞を作って「加齢黄斑変性」の患者に移植する世界初の臨床研究を実施した。他にも神経の細胞を作ってパーキンソン病や脊髄損傷を治療したり、シート状の …


iPS創薬応用へ初の提携契約 京都のベンチャーと理研
京都新聞 2017年08月21日 08:44
iPSポータルはアルツハイマー病やパーキンソン病の患者から作ったiPS細胞を管理しているが、理研BRCの管理している細胞の情報も合わせて企業に提供する。情報提供は無償で行い、実験については有料で請け負う。 同社の村山昇作社長は「iPS細胞を使った創薬分野が …


パーキンソン病iPS治療、18年度に治験 京大
日本経済新聞 2017年02月03日 21:31
京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授は3日、様々な細胞に育つiPS細胞で難病のパーキンソン病を治療する医師主導の臨床試験(治験)を2018年度に始めると明らかにした。健康な人からあらかじめ作ったiPS細胞を患者に移植する。iPS細胞を患者自身から作るよりも治療に …
パーキンソン病治療、他人のiPS細胞で30年度の治験目指す 京大CiRA高橋淳教授産経ニュース
パーキンソン病治験、18年度にも実施 京大毎日新聞
パーキンソン病のiPS治験 2018年度から:朝日新聞デジタル朝日新聞


他人のiPS使ったパーキンソン病治療の審査を短縮
朝日新聞 2017年03月01日 08:04
他人のiPS細胞から作った神経の細胞をパーキンソン病患者に移植する治療法について、厚生労働省は28日、画期的な効果が期待できるとして、承認審査の期間を短縮する「先駆け審査指定制度」の対象に指定した。審査期間が通常の1年から6カ月に短くなるなどの優遇措置 …
大日本住友と京大のiPS治験、先駆け審査に指定日本経済新聞
iPS血小板輸血、治験2年遅れ 京大研、細胞供給停止で京都新聞


遺伝性パーキンソン病患者のiPS、「ゲノム編集」で正常な神経細胞に …
読売新聞 2017年04月03日 11:27
遺伝性パーキンソン病の患者から作製したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を、遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集技術」を使って修復し、正常な神経細胞に変えることが …


iPS細胞:他人の細胞、脳に移植 パーキンソン病治験へ 京大 – 毎日新聞
毎日新聞 2017年02月04日 15:08
神経難病のパーキンソン病について、2018年度中を目標にiPS細胞(人工多能性幹細胞)での治験を行う方針を、京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授(神経再生学)が3 …


パーキンソン病患者のリン酸化ユビキチン鎖が異常な挙動-順大
QLifePro医療ニュース 2017年06月06日 13:49
順天堂大学は6月2日、若年性遺伝性パーキンソン病の2つの原因遺伝子であるPINK1(ピンクワン)とParkin(パーキン)が協働して作るリン酸化ユビキチンの鎖が、パーキンソン病患者iPS細胞由来のドーパミン神経細胞と患者脳において異常な挙動を示すことを明らかにしたと …


パーキンソン病、ALSなど231種類の難病iPS…京大が作製 : yomiDr …
読売新聞 2017年03月10日 10:05
京都大学iPS細胞研究所は、国が指定する難病(306種類)の約8割にあたる231種類について、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製したことを明らかにした。 それぞれの …


広告

広告

     

  1. iPS細胞を応用 パーキンソン病改善をサルで確認 | NHKニュース
  2.  

  3. iPSでパーキンソン病改善 サルで確認 来年にも治験:朝日新聞デジタル
  4.  

  5. パーキンソン病:iPS治療、サルで安全確認 京大 – 毎日新聞
  6.  

  7. iPSでパーキンソン病改善…サルの脳に移植 : 科学・IT : 読売新聞 …
  8.  

  9. パーキンソン病治験に前進 iPSで症状軽減、2年間腫瘍できず安全-京 …
  10.  

  11. サルで安全性確認=iPS移植、パーキンソン病-18年度内に治験開始 …
  12.  

  13. パーキンソン病のサル iPSで症状改善|日テレNEWS24
  14.  

  15. 京大、iPS移植症状改善 パーキンソン病に再生医療 :日本経済新聞
  16.  

  17. パーキンソン病の細胞移植治療を検討するためのサルモデル評価系を確立
  18.  

  19. iPS移植サルの症状改善 パーキンソン病、京大が確認:社会:中日新聞 …
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す