京大 抗がん剤の耐性を防ぐ仕組みを発見

京都大学の研究グループが
抗がん剤への耐性防ぐ仕組みを発見。
 
プロテインキナーゼAというたんぱく質を
APOBEC3Bと呼ばれる酵素に反応させると
遺伝子変異をほぼ食い止めることができることを発見。
 
がんの進行を抑える治療法の開発につながると見ている。
 

京大 抗がん剤 耐性

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。