大腸がん 日本人が最もかかりやすいがん

大腸がんについて
大腸がんは
日本人が最もかかりやすい
がん。
 
年間約15万人が発症し
約5万人が亡くなる。
 
[bm2 color=”red”]男性が10年間で大腸がんを発生する確率について:危険因子による個人のがん発生の予測
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/2118.html[/bm2]  

[normal_box color=”orange” border=”b3″]大腸がん早期9割治癒 自覚症状少なく検診を
神戸新聞 2017年08月10日 11:35
大腸がんは日本人が最もかかりやすいがんで、年間約15万人が発症し、約5万人が亡くなる。兵庫医科大の冨田尚裕主任教授(62)=下部消化管外科=が、神戸市兵庫区の健康ライフプラザで開かれた「がんをよく知るための講座」(兵庫県予防医学協会、神戸新聞社主催) …


大腸がん、生体切除せずに迅速診断
ニュースイッチ Newswitch 2017年08月06日 09:00
大阪大学大学院医学系研究科の松井崇浩特任助教と石井優教授らは、生体組織を切除せずに、大腸がんを迅速に診断する方法を開発した。組織透過性の高い近赤外領域の「多光子励起イメージング技術」により、組織の表面からの観察で深部を可視化した。患者の負担が …


大腸がん増大7割抑制 国立がんセンター、抗がん剤併用で
日本経済新聞 2017年08月02日 21:57
この治療法は大腸がんの治療に使われる「TAS―102(一般名)」と、がん細胞への栄養供給を絶つ効果があるとされる「ベバシズマブ(同)」を併用する。がんが転移して標準的な治療法の効果がなくなった25人の患者で実施。がんの増大を抑える効果は中央値で5.6カ月間続いた …
進行大腸がん治療に期待-TAS-102とベバシズマブの併用療法の有効性を確認マイナビニュース


大腸がんなどの病変をAIで98%検知するリアルタイム内視鏡診断サポートシステム
@IT MONOist 2017年08月02日 11:23
国立がん研究センターとNECは2017年7月10日、AI(人工知能)を用いて大腸がんや前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムで発見するシステムを開発したと発表した。画像解析に適した深層学習を活用したAI技術、高速処理アルゴリズム、画像処理に …


小野薬、「オプジーボ」が一部の大腸がん治療薬でも承認 米当局
日本経済新聞 2017年08月03日 12:25
小野薬品工業(4528)と米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が共同開発したがん免疫薬「オプジーボ」が、一部の転移性大腸がんの治療薬として米食品医薬品局(FDA)から承認を受けた。小野薬が3日午前、発表した。 対象となるのは転移性大腸がんのうち変異した一部 …
「オプジーボ」、転移性大腸がんでFDA承認取得 米BMS日刊薬業


高齢がん患者、治療なしの割合高く 国立がんセンターが報告書
日本経済新聞 2017年08月09日 00:05
例えば大腸がんのステージ3では、75~84歳の約52%、85歳以上の約80%は手術のみだった。40~64歳の約16%と大きな差があった。 がんが他の臓器に転移したステージ4になると、85歳以上は手術のみが約39%で、治療なしが約36%だった。40~64歳は手術のみが …
85歳以上・進行期の高齢者がん…「肺」58%、「胃」56%で積極治療せず〔読売新聞〕Medical Tribune (登録)
高齢者のがん治療 エビデンスは少ないけど妥協点を探す 教科書としての答えはありませんBLOGOS
がん 治療受けていない高齢者が年々増加(東京都)日テレNEWS24


オプジーボ、転移性大腸がんの適応でFDAの承認取得-米BMS
QLifePro医療ニュース 2017年08月07日 13:00
米ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は8月1日、フルオロピリミジン、オキサリプラチンおよびイリノテカンによる治療後に病勢進行した高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-H)またはミスマッチ修復機構欠損(dMMR)の転移性大腸がん(mCRC)の成人および小児(12歳以上) …


大腸がんをリアルタイムに診断できる“切らない組織診断”を開発-阪大
QLifePro医療ニュース 2017年08月03日 12:15
大阪大学は7月31日、固定・染色などの工程を行わずに、生きた組織のまま大腸がんをリアルタイムに診断できる方法を開発したと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科の松井崇浩特任助教、免疫細胞生物学の石井優教授、消化器外科学の森正樹教授ら研究 …


転移のある大腸がんに、ベクティビックス・アービタックスは効く?
MEDLEY(メドレー) 2017年07月17日 06:50
EGFRチロシンキナーゼ阻害薬には日本で大腸がんに対して承認されているものはありません(2017年7月時点)。 抗EGFRモノクローナル抗体として、パニツムマブ(商品名ベクティビックス®)、セツキシマブ(商品名:アービタックス®)が日本でも承認され使用されています。


がん生存率188病院公表 肝、肺で高低差
毎日新聞 2017年08月09日 00:00
国立がん研究センターは9日、がんと診断された人を、治療によってどの程度救えるかを示す「5年相対生存率」について、がん治療拠点の約半数にあたる全国188の病院別データを初めて公表した。肝臓、肺がんの生存率はばらつきが大きい一方、乳がんは比較的小さかった。
がん「5年生存率」65%超えfnn-news.com


広告

広告

[/normal_box]

 

 
 



広告

広告

コメントを残す