無痛分娩 安全管理体制を年度末に 厚生労働省研究班

厚生労働省の研究班が
無痛分娩による
自己を受けて
実態の把握や安全管理体制を
検討する。
 
安全に実施する方法を
今年度末に提言する。
 
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]重大事故を防げ 厚労省研究班が初会合
毎日新聞 2017年08月23日 10:59
出産の痛みを麻酔で和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で重大事故が相次いでいることを受け、産婦人科や麻酔科医らでつくる厚生労働省研究班(代表者・海野信也北里大病院長)の初会合が23日、東京都内で開かれた。無痛分娩の実態などを分析し、安全管理に関する提言を …
無痛分娩6・1% 産婦人科医会調査 診療所の方が多く産経ニュース
無痛分娩は6・1%、半数以上が診療所で…厚労省研究班の初会合で報告読売新聞
無痛分娩、厚労省に研究班 安全管理体制を年度末に提言朝日新聞


安全な無痛分娩の普及を願って
ハフィントンポスト 2017年08月17日 12:28
今年4月に無痛分娩に関する緊急提言が発表され、以降、無痛分娩での事故に関するニュースを目にするようになった。7月21日に配信された、前田裕斗先生のMRIC『今こそ無痛分娩普及のために議論を―無痛分娩への緊急提言の誤解と変容–』を読み、共感すると同時に、 …
無痛分娩は本当に高リスク? フランスで出産した女性「無痛分娩は、“産まれてからの日々のスタート”のためにある」デイリー新潮
無痛分娩”重度の障害 院長を刑事告訴へ日テレNEWS24
NHK「無痛分娩特集」に波紋 痛みより大事なことは「選べる安全な環境」しらべぇ


無痛分娩リスクと「痛いお産」礼賛は別の話だ
東洋経済オンライン 2017年08月13日 09:01
実際、欧米における出産の標準は無痛分娩です。中でも女性の80%が無痛分娩を選択する(経膣分娩の場合。フランス国立保健医学研究機構2010年調べ)というフランスは、出産においても合理主義を優先しているといっていいでしょう。我慢は美徳ではない国フランスでは、 …
無痛分娩事故の実態把握、国に要望 死亡した母子の遺族朝日新聞


無痛分娩で意識不明に陥り、その後死亡 大阪の院長を書類送検へ 処置怠った疑い
ハフィントンポスト 2017年08月09日 13:59
大阪府和泉市の産婦人科医院で1月、麻酔でお産の痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」で出産中の女性(当時31)が意識不明に陥り、その後死亡した事故で、府警は「老木(おいき)レディスクリニック」の男性院長(59)を業務上過失致死容疑で書類送検する方向で、詰めの …
無痛分娩、安全を模索 診療所は緊急時に課題も日本経済新聞
無痛分娩の事故防止に薬剤の少量投与などを提言 医師の複数配置では「日本の周産期医療が成り立たぬ」産経ニュース
1月女性死亡で書類送検へ 大阪・和泉毎日新聞


無痛分娩」で妻が死亡した夫が告白する心中
東洋経済オンライン 2017年07月29日 15:02
無痛分娩にはいくつかの方法があるが、そのひとつが硬膜外麻酔(下の図参照)。脊髄の近くに薬を投与し、痛みを和らげる方法だ。気をつけなければいけないのは硬膜を破り、その奥のくも膜下に針が到達したときだ。くも膜下腔に麻酔が誤注入されると効きが強すぎて、妊婦は …
無痛分娩で医療ミス、原因分析を」母子家族ら会見 京都産経ニュース
無痛分娩「失敗」で死亡事故 「危ない出産法」の誤解危惧する声livedoor
「説明と処置不十分」 母子重度障害、家族ら訴え /京都毎日新聞


無痛分娩 選ぶ前に 利点の半面、リスクも知ろう トラブル対応に残る課題
西日本新聞 2017年08月20日 00:09
麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩(ぶんべん)」を選ぶ妊婦が徐々に増えてきている。出産時の痛みが少ないため産後の回復が早まることが多く、海外では一般的なお産の方法になっている国もある。ただ麻酔の対応を誤った場合などは重大な事故につながるリスクもあるので、 …


無痛分娩で母子が植物状態の悲劇 「人生が変わった」夫慟哭、医療ミス裁判の行方
産経ニュース 2017年08月15日 12:05
出産時に麻酔で痛みを和らげる「無痛分娩」をめぐり、妊産婦が死亡するなどの重大事例が相次いで発覚している。中でも京都では、同じ産婦人科医院でミスがあったとして3家族が損害賠償請求訴訟を提起。このうち1家族が7月、京都市内で記者会見した。車いすに乗った妻と …
無痛分娩巡り死亡した母子の遺族、再発防止に向けた実態調査求め要望書読売新聞


夫「完全な人災」 麻酔直後に医師不在…妻急変
毎日新聞 2017年07月31日 13:03
神戸市の産婦人科医院で痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)で出産した際に障害を負い、意識不明のまま今年5月に35歳で亡くなった女性の夫の男性(32)=東京都=が毎日新聞の取材に応じた。「あの日を境に全てが変わってしまった。完全な人災だ」と語り、再発 …


無痛分娩で母子が植物状態 夫が悲痛な訴え「分娩室に入る前は元気だった」
livedoor 2017年08月16日 12:55
訴えを起こしているのは、無痛分娩の処置で重い障害が残ったというロシア人女性の元大学准教授、エブセエバ・エレナさん(40)=京都市左京区=と長女のみゆきちゃん(4)。それに、日本人で大学教授のエレナさんの夫(55)と、エレナさんの母親で医師のボイコ・リュボビ …


広告

広告

     

  1. 無痛分娩:増え5.2% 厚労省研究班、安全対策検討へ 16年度 – 毎日新聞
  2.  

  3. 無痛分娩、厚労省が研究班:朝日新聞デジタル
  4.  

  5. 無痛分娩:重大事故を防げ 厚労省研究班が初会合 – 毎日新聞
  6.  

  7. 「無痛分娩」に厚労省が緊急提言‥この発表に色々な声が出ているのまとめ
  8.  

  9. 無痛分娩に関する重要なお知らせ|老木レディスクリニック2
  10.  

  11. 麻酔使った無痛分娩で重大事故…厚労省研究班が今月始動、安全体制 …
  12.  

  13. 13人死亡で厚労省が緊急提言も「無痛分娩」の誤解と真実|健康 …
  14.  

  15. 無痛分娩は6・1%、半数以上が診療所で…厚労省研究班の初会合で …
  16.  

  17. 今こそ無痛分娩普及のために議論を−無痛分娩への緊急提言の誤解と変容
  18.  

  19. 無痛分娩、安全対策を検討へ – 医療介護CBnews
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す