胃がん腹膜転移予測 臨床試験開始 大阪私大

大阪私大が
胃がんの切除手術中に
腹膜への転移に寄る再発を
予測できる
新しい診断法を開発。
 
現在の診断法は
精度の低さが問題になっていた。
 
 

[normal_box color=”orange” border=”b3″]胃がん腹膜転移予測に新診断法 大阪市大、臨床試験開始
朝日新聞 2017年07月27日 18:59
大阪市立大は27日、胃がんで最も多い腹膜への転移による再発を、胃がんの切除手術中に予測できる新たな診断法を開発した、と発表した。従来法と組み合わせれば感度を大幅に上げられ、再発予防の対策に生かせるという。 国内では胃がんで毎年約5万人が死亡し、半数は …

     

  1. 胃がん腹膜転移予測に新診断法 大阪市大、臨床試験開始:朝日新聞 …
  2.  

  3. 大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を …
  4.  


    広告

    広告

  5. 【プレスリリース】胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発 腹膜 …
  6.  

  7. 大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を …
  8.  

  9. 大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を …
  10.  

  11. 写真ニュース(1/1): 大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法 …
  12.  

  13. 大阪市大、胃癌の腹膜転移予測に有用な術中診断法を開発- 臨床試験を …
  14.  

  15. 日本人の進行・再発胃癌におけるHER2陽性の予測因子は腸管型、腹膜 …
  16.  

  17. 胃癌患者の新しい予後予測法としてのニューラルネットワークの有用性 …
  18.  

  19. 症例7:胃癌(胃がん)⇒腹膜播種・両卵巣転移 – 最先端の免疫療法(免疫 …
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す