脊髄損傷の新治療薬

大阪大
脊髄損傷の臨床試験(治験)を
2019年から開始。
 
RGM抗体を
大阪大と田辺三菱製薬が
共同開発。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]脊髄損傷の新薬治験、阪大など2019年から : yomiDr. / ヨミドクター …
読売新聞 2017年12月25日 10:14
脊髄損傷の治療を目指し、大阪大などは2019年から、新たに開発した薬を患者に投与する臨床試験(治験)を始める。まずは、背骨の中を走る脊髄の中枢神経ががん転移による圧迫で損傷し、手や脚が動かなくなった患者で安全性や効果を確認する。米国でも製.

【健康科学】多発性硬化症のマウスモデルの治療に有効な抗うつ剤
Nature Asia 2017年12月20日 11:23
進行性多発性硬化症の治療薬としても利用できる薬剤を発見するための経口ジェネリック医薬品の系統的スクリーニングについて報告する論文が、今週掲載される。この論文の著者は、この方法を用いて、多発性硬化症のマウスモデルである自己免疫性脳脊髄炎の症状を軽減する経口抗うつ薬「クロミプラミン」を発見した



広告

広告

     

  1. 脊髄損傷の新薬治験、阪大など2019年から : yomiDr. / ヨミドクター …
  2.  

  3. 新規軸索再生阻害因子RGMの同定とその機能の解明
  4.  

  5. 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム 本格研究開発 …
  6.  

  7. AbbVie | 日本 | 第1回RGM国際シンポジウム開催
  8.  

  9. 脊髄損傷についてのよくある質問(1)
  10.  

  11. 軸索再生 – 脳科学辞典
  12.  

  13. 中枢神経回路の再編成を制御するBMI技術と生物学的手法の構築
  14.  

  15. 1 (報告様式4) 【16dm0107116h0001】 平成 29 年 5 月 17 日 平 成 2 …
  16.  

  17. 阪大と田辺三菱、サルで神経再生確認 促進する物質開発 :日本経済新聞
  18.  

  19. 平成 27 年度 全体研究開発報告書
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す