臓器移植法20年

臓器移植法が施行してから,
今年で20年となります。
 
臓器移植推進月間(10月)に
東京タワーをはじめ
全国各地の著名な建物を
移植医療のシンボルマークである
「グリーンリボン」にちなんだ
緑色にライトアップする運動が展開。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]臓器移植法20年、普及進まず 授業で理解促進を
日本経済新聞 2017年10月16日 20:05
臓器移植法の施行から16日で20年を迎えた。脳死・心停止を合わせた臓器提供は年100件程度で推移し、諸外国と比較しても低い水準のまま。「命のリレー」とも呼ばれる臓器移植への理解を深めることが課題となっている。厚生労働省は来年度から中学や高校の教員などを …
託された命に感謝 渡米移植の43歳毎日新聞
臓器移植法施行20年 理解深める大会NHK
脳死判定終了前に連絡、受け手の病院へ 12月にも運用 移植ネット産経ニュース


臓器移植法施行20周年 臓器移植への理解を深めるきっかけに 「セカンドライフファッション」開始
共同通信PRワイヤー (プレスリリース) 2017年10月16日 16:00
そごう大宮店の開業30周年と、10月16日(月)に臓器移植法施行から20周年を迎えることを記念して、株式会社 そごう・西武 (所在地:東京都千代田区・代表取締役社長:林拓二)と、グリーンリボンキャンペーン事務局は、昨年、国内外で大きな反響を呼んだ「Second Life Toys( …
洋服の“移植手術”を50件 そごう・西武が新サービスWWD JAPAN.com


【命をつなぐ 臓器移植法20年】<1>提供の意思 5人にリレー
西日本新聞 2017年10月16日 11:12
手術室前で整列して臓器提供者を迎える医師たち。提供者に敬意を表すためという(聖マリア病院提供) 写真を見る 摘出された臓器を手術室から運び出す医師(聖マリア病院提供) 写真を見る 提供された心臓を搬送するため、病院の屋上から飛び立つ消防ヘリコプター=福岡県 …


臓器移植法施行20年記念ライトアップ
茨城県 2017年10月12日 14:09
これを記念して,移植医療に対する理解と協力を呼びかけるため,臓器移植推進月間(10月)に東京タワーをはじめとする全国各地の著名な建物を,移植医療のシンボルマークである「グリーンリボン」にちなんだ緑色にライトアップする運動が展開されております。 本県におきましても, …


臓器移植法施行20年 願い受け継ぎ幸せに
毎日新聞 2017年10月14日 15:12
脳死者からの臓器提供を可能にした1997年10月の臓器移植法施行から16日で20年。「命のバトン」を受け取った2人の女性は、元気で幸せに生きようと一日一日を大切に過ごしている。 9月17日、静岡市のプールで、臓器移植を受けた人たちによる全国移植者スポーツ大会の …


<臓器移植20年>レインボーブリッジが緑色に
BIGLOBEニュース 2017年10月16日 21:36
臓器移植法施行20年を迎えた16日、東京や大阪、愛知、福岡など25都府県の駅や公共施設などが緑色にライトアップされた。移植の推進や定着を呼び掛ける日本臓器移植ネットワークの活動の一環。東京都内では、レインボーブリッジが移植医療のシンボルカラーである緑色 …


それでも待ち続ける臓器移植希望者
fnn-news.com 2017年10月15日 19:08
それでも待ち続ける臓器移植希望者. 10/15 18:21. 16日で、臓器移植法施行から、20年となります。 2016年の1年間で、脳死による臓器提供した人は、64人。 これにより、300人近い人が移植を受けましたが、その一方で、移植を待つ人は、1万4,000人近くいて、まだまだ、日常 …


「夫はどこかで生きている」/臓器移植法20年
東奥日報 2017年10月04日 14:47
約5年前、佳子さんの夫・達郎さん=仮名、当時50代=は脳死状態になり、臓器を提供した。臓器移植法が1997年に施行されてから20年。佳子さんは思う。「制度のおかげで、人の命が助かった。夫もだれかの体の中で生き続けることができている。臓器移植に理解が深まれば、 …


提供体制4病院のみ 臓器移植法20年で病院アンケート
上毛新聞ニュース 2017年10月01日 06:03
臓器移植法施行から今月で20年を迎えるのを前に、上毛新聞は脳死下での臓器提供施設になりうる5類型に該当する群馬県内13病院を対象に、臓器提供の体制整備に関するアンケートを実施した。回答した12病院のうち、脳死下での臓器提供ができる体制が「整っている」と …
【デーリー東北の時評】臓器移植法10年 善意生かし実績重ねよ47NEWS
臓器移植の輪、リングから…支援団体と「ノア」タッグ16年読売新聞
宇都宮で臓器移植普及推進キャンペーン 通行人らに理解と協力呼び掛け下野新聞


臓器提供に地域格差 九州37件福岡、長崎に集中 法施行20年「病院の体制支援急務」
西日本新聞 2017年10月10日 17:07
脳死段階での臓器提供を可能にした臓器移植法の施行から20年。昨年までに423件の提供があったが、九州は37件にとどまり、長崎大病院(7件)など一部施設に集中していることが、西日本新聞の取材などで分かった。県別の最多は福岡12件、最少は大分1件。臓器の機能 …


広告

広告

     

  1. 救える命を救えない…臓器移植法20年の現実 : 深読みチャンネル : 読売 …
  2.  

  3. 臓器移植法:20年 ドナーの面影追う家族 – 毎日新聞
  4.  

  5. 臓器移植、伸び悩む日本…法施行来年20年 : yomiDr. / ヨミドクター …
  6.  

  7. 臓器移植法20年 提供数、先進国で最低 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
  8.  

  9. 臓器提供、病院体制整わず…移植法20年、低迷するドナー : yomiDr …
  10.  

  11. 臓器移植法施行20年 この笑顔を守りたい (産経新聞) – Yahoo!ニュース
  12.  

  13. 臓器移植法施行20年―低迷する日本の移植医療
  14.  

  15. 「臓器移植法の施行から20年」 どうしたらドナー増やせるのか | TOKYO …
  16.  

  17. 「臓器移植法20年 移植医療の課題」(時論公論)
  18.  

  19. 心臓移植待ち死亡35人、最多 臓器移植法成立20年で:朝日新聞デジタル
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す