認知症のリスク診断を少量の血液で診断可能に

血液で認知性を判別する方法が見つかりました。
 
認知症の全段階の患者の血液に含まれる
4種類のペプチドが発見されました。
 
少量の血清から認知症リスクを判定することが
可能に。
 

→ 少量の血液で認知症を診断する手法を発見
 

認知症 リスク 診断 ペプチド

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。