39製品 不適切広告の疑い

厚生労働省が医療機関を通じて
モニター調査した結果
医師の処方が必要な
製薬会社の広告について
「誇大な表現」などの
疑い事例が64件あった。
 
厚生労働省は
23製品について
自治体と連携して行政指導。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]医薬品39製品の広告、誇大・事実誤認など疑い
読売新聞 2017年07月07日 15:03
製薬会社のウェブサイトや医薬情報担当者(MR)の説明などで、問題がありそうなケースについて報告を求めた。2016年度の3か月間の調査期間中、抗がん剤など39製品で、適切さが疑われる事例の情報が寄せられた。指導が必要と判断された23製品は▽有効性の差が …


39製品で不適切広告疑い
毎日新聞 2017年06月30日 19:30
製薬大手ノバルティスファーマの降圧剤「バルサルタン」(商品名ディオバン)を巡る研究論文データ改ざん事件などを受けて、医療用医薬品の広告を監視する制度が導入された。厚労省が2016年12月から今年2月に初めて調査。「覆面モニター」として抽出した複数の医療機関 …


製薬協 広告監視モニター報告踏まえ通知 「製薬協コードの遵守徹底を要請」
ミクスOnline 2017年07月07日 04:03
日本製薬工業協会(製薬協)は7月6日の理事会後の記者会見で、厚労省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課が「2016年度医療用医薬品の広告活動監視モニター事業報告書」を公表したことを踏まえ、会員各社に対し、「製薬協コードの遵守の徹底を要請」する通知を3日付で発出したことを明らかにした。通知


厚労省 MRやMSLなどの不適切な広告活動が3か月間で39製品 「クローズドな場」で証拠隠滅も
ミクスOnline 2017年07月03日 05:29
厚生労働省医薬・生活衛生局監視指導・麻薬対策課は6月30日、医師や薬剤師、DI担当者などのモニターを通じて集積された不適切な広告活動の事例が、3か月間で39製品、項目は延べ64件にのぼったと発表した。MRやMSLが、説明会や情報提供を行う、いわば“クローズドな場”で、社外秘のデータを口頭で


39製品で不適切広告疑い/「誇大な表現」など64件
四国新聞 2017年06月30日 17:29
医師の処方が必要な「医療用医薬品」に関する製薬会社の広告について、厚生労働省が医療機関を通じてモニター調査した結果、39製品で、「誇大な表現」など法律や通知に違反する疑い事例が64件あったことが30日、分かった。重大な健康被害を招きかねない事例はないが、 …


広告

広告

     

  1. 不適切広告:39医薬品、「誇大表現」など 厚労省調査 – 毎日新聞
  2.  

  3. 医療用医薬品:39製品で不適切広告疑い – 毎日新聞
  4.  

  5. 厚労省 MRやMSLなどの不適切な広告活動が3か月間で39製品 …
  6.  

  7. 第3章 医薬品等適正広告基準の解説及び留意事項等(PDF:670KB)
  8.  

  9. 東京新聞:薬39製品で不適切広告疑い 「誇大な表現」など64件:社会 …
  10.  

  11. 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 …
  12.  

  13. 医薬品の宣伝、39製品で不適切な表現の疑い 厚労省調査 :日本経済新聞
  14.  

  15. 医薬品等の広告規制について |厚生労働省
  16.  

  17. 薬39製品で不適切広告疑い 「誇大な表現」など64件 | 共同通信 ニュース
  18.  

  19. 医薬品等適正広告基準 – Wikipedia
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す