2017年5月までに624件の医療事故が報告され、6割超で院内調査完了

今年(2017年)5月に
医療事故調査・支援センター(以下、センター)
に報告された医療事故は23件。
 
一昨年(2015年)10月に
医療事故調査制度がスタートしてから、
累計で624件の医療事故が報告され、
このうち6割超(63.9%・384件)で院内調査が完了。
 
また遺族や医療機関からのセンターへの
調査依頼は累計で32件となった。
 
メディ・ウォッチ 2017年6月9日
http://www.medwatch.jp/?p=14166
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″] 2017年5月までに624件の医療事故が報告され、6割超で院内調査完了―日本医療安全調査機構
メディ・ウォッチ 2017年06月09日 14:41
今年(2017年)5月に医療事故調査・支援センター(以下、センター)に報告された医療事故は23件。一昨年(2015年)10月に医療事故調査制度がスタートしてから、累計で624件の医療事故が報告され、このうち6割超(63.9%・384件)で院内調査が完了。また遺族や医療機関 …
患者の予期せぬ死亡23件届け出 医療事故調査制度、5月分西日本新聞
 

「予期せぬ死亡」33件届け出 医療事故調査制度、4月分
日本経済新聞 2017年05月11日 21:50
患者の予期せぬ死亡を対象とする医療事故調査制度で、第三者機関の日本医療安全調査機構(東京)は11日、「院内調査が必要」として4月に医療機関から届け出があった事案は33件だったと発表した。2015年10月の制度開始以来の累計は601件となった。 内訳は病院(20床 …
 

2017年4月までに601件の医療事故が報告、約6割で院内調査が完了―日本医療安全調査機構
メディ・ウォッチ 2017年05月16日 11:14
今年(2017年)4月に医療事故調査・支援センター(以下、センター)に報告された医療事故は33件。一昨年(2015年)10月に医療事故調査制度がスタートしてから、累計で601件の医療事故が報告され、このうち約6割(58.9%・354件)で院内調査が完了。また遺族や医療機関 …
 

医療事故調査・支援センターには利益相反が生じている
日経メディカル (登録) 2017年05月26日 00:39
制度開始からすでに約1年半が経過した医療事故調査制度は、順調に機能しているのだろうか。検討会委員を務めるなど制度創設前から医療事故調査制度に関わり、現在は全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長を務める有賀徹氏に話を聞いた。
 

医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声
日経メディカル (登録) 2017年05月23日 00:36
2017年4月、医療事故調査・支援センターが、医療事故調査制度の発足以来初となる「再発防止策」を示したのをご存じだろうか(関連記事:医療事故調、センターが再発防止策を初提言)。 センターは、全国の病医院で「提供した医療に起因する予期せぬ死亡」が発生した場合、 …
 


広告

広告

     

  1. 医療事故調査制度について |厚生労働省
  2.  

  3. 医療事故調査制度の概要|一般社団法人 日本医療安全調査機構
  4.  

  5. 「医療事故調査制度」で知っておくべき6つのポイント 10月スタートの新 …
  6.  

  7. 一般社団法人 日本医療安全調査機構
  8.  

  9. 医療事故調査制度 | 日本看護協会
  10.  

  11. 医療事故調査制度混乱の原因は日医とセンターにあり- これでは管理者 …
  12.  

  13. パンフレット「医療事故調査制度-医療安全を実現するために弁護士 …
  14.  

  15. 「医療事故調査制度 開始1年の課題」(視点・論点) | 視点・論点 | NHK …
  16.  

  17. 医療事故調査制度に係る指針(H27.8)
  18.  

  19. 医療事故調査 – Wikipedia
[/normal_box]

 

 
こうした状況を、日本で唯一のセンターとして指定されている「医療安全調査機構」が9日に公表しました。
 
医療事故調査制度は、事故の責任追及ではなく「再発防止」を目指す仕組みとして、一昨年(2015年)10月にスタートしました。
 
医療機関の管理者(院長など)が予期しなかった「医療に起因し、または起因すると疑われる死亡または死産」が発生した場合、管理者はまず事故発生についてセンターに報告。報告を前提として、当該医療機関で原因を調査し(院内調査)、調査結果をセンターに報告するとともに、遺族に説明します。
 
センターでは事故事例を集積していく中で具体的な再発防止策などを練ることとしており、すでに今年(2017年)3月には「中心静脈穿刺合併症に係る死亡の分析―第1報―」を作成・公表しています。
 



広告

広告

コメントを残す