ホーム » 健康ニュース » 

理研、iPSで免疫細胞を元気に がん治療に道


2013/01/04 02:00 【共同通信】

ips03 がんを攻撃している患者の免疫細胞を取り出し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)にした上で、元気な免疫細胞に生まれ変わらせることに成功したと理化学研究所のチームが4日付の米科学誌に発表した。試験管での実験段階だが、がんの免疫療法に応用できる可能性もあるとしている。

 どんな細胞にもなり得るiPS細胞を利用することで、体内の免疫細胞を活性化させる従来の免疫療法よりも、寿命が長く大量の免疫細胞を得られるのが利点。

 免疫細胞のうちリンパ球は、いったんiPS細胞となっても、それ以前に攻撃していたがんの特徴を“記憶”する性質があり、ほかの細胞を材料にするより効率が良いという。


京都大学iPS細胞研究所

wikipediaより

京都大学iPS細胞研究所(きょうとだいがく - さいぼうけんきゅうじょ、英称:Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University、略称:CiRA(サイラ))は、京都市左京区にある京都大学が擁する研究所の一つ。2010年4月1日設立。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)に関する基礎研究および応用研究を行い、「再生医療の実現に貢献する」ことを理念に掲げている。大部分を占める非正規雇用の職員と大学院生を含めて約200人が働いている。研究所は地上5階、地下1階の建物で、各研究室間の仕切りを取り払い、研究者同士で自由な議論をすることができる「オープンラボ形式」が特徴である。 iPS細胞に関する研究だけでなく、知的財産の管理や規制当局への対応、広報活動も業務のうちの1つとしている。所長の山中伸弥が2012年にノーベル医学生理学賞を受賞することを受け、文部科学省は今後10年間に渡って長期的に研究費を助成する方針。

ドクターヘリが広域連携、高まる期待…青森


2013年1月2日 読売新聞

drheri 医師や医療機器を乗せて救急現場へ飛ぶ「ドクターヘリ」を青森県と岩手、秋田3県境を越えて運航する広域連携が早ければ2月末から始まる。

 大規模災害時の対応能力が高まると関係者らは歓迎している。

 本県のドクターヘリは昨年10月から2機態勢で、岩手、秋田両県は各1機を運航している。3県の担当部長が翌月、覚書を締結し、〈1〉大規模事故や災害〈2〉出動要請が重なる〈3〉悪天候――など自県だけでは対応できない場合に広域連携することを決めた。各拠点病院から100キロ圏内が出動範囲だ。

 3県で1月末頃までに運用方法をまとめたマニュアルを策定し、約1か月かけて医療、消防機関に周知。2月末頃から連携を始める。その半年後をめどに3県知事で正式な協定を結ぶ見通しだ。

 東日本大震災時に本県を含む県外からヘリ7機の派遣を受けた岩手県医療推進課の担当者は「自県だけで対応できない状況を想定し、事前に連携の仕方を決めておくことは非常に大切。県境付近では医療機関が少ないところもあるが、他県との連携で補完できる」と期待する。

 2011年7月から群馬、茨城両県との連携を始めた栃木県は昨年11月末までにドクターヘリが1064件出動し、そのうち41件は両県への出動だった。栃木県医事厚生課の担当者は「連携後は、出動範囲の拡大など柔軟な対応が必要だ。自県での運航と他県への応援でバランスを取ることが重要」と課題を指摘する。

 本県によると2機目導入後の昨年10、11月で計132件(前年同期比31件増)の出動要請があった。これまで対処できなかった同時間帯の出動要請など13件に2機であたるなど、対応能力が向上したという。県医療薬務課は「2機態勢になり、他県への要請に応えられるようになった。実際に運航して課題を検証していきたい」としている。

ドクターヘリ

wikipediaより

ドクターヘリ(英語: Helicopter Emergency Medical Service)とは、救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプターであって、救急医療の専門医及び看護師が同乗し救急現場等に向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、患者に救命医療を行うことができる専用ヘリコプターをいう。救急医療用ヘリコプターとも言う。その救急現場出動の内容も含めて記載するものとする。「航空救急医療活動」、「ヘリコプター救急医療活動」、「ヘリコプター救急」ともいう。

ノロウイルスで女性入所者死亡


新潟日報 2013/01/01

 佐渡市は1日、同市栗野江の養護老人ホーム「待鶴荘」に入所する90代女性が、ノロウイルスによる感染性腸炎で死亡したと発表した。同ホームではこの他、12月27日から1日までに、70代から90代の入所者10人が、下痢や嘔吐などの症状があり、他の入居者と隔離するなど対応している。10人はいずれも快方に向かっている。

 同ホームによると、死亡した女性入居者は28日朝に嘔吐などの症状が出た。31日午前1時に息が苦しくなるなど容体が急変し、市内の病院へ緊急搬送されたが、1日午前3時9分に死亡した。

 同ホームは「食事ではなく、接触による感染の疑いが高いので、手袋やマスクの消毒を徹底していきたい」としている。

 現在、同ホームには、60~100歳代の95人が入居している。

幸畑薬局(青森)へようこそ
幸畑薬局
管理薬剤師  工藤 良一郎
TEL 017-728-5332
FAX 017-728-5335
休日夜間連絡先:017-728-5332
青森市大字幸畑字松元98番地
幸畑写真集
 
広告 広告
@kouhataaomoriツイート
地図
最近の投稿
平成26年11月の薬事法改正について
カテゴリー