iPS細胞からミニ肝臓を大量製造 再生医療への応用 足がかり

横浜市立大学などの研究チーム
人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から
肝芽(かんが)を大量に製造する方法を
開発したと発表。
 
肝機能に異常がある患者に
「ミニ肝臓」として肝芽を移植する
治療法になる可能性がある。
 
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]iPS細胞からミニ肝臓を大量製造 再生医療実現に道
朝日新聞 2017年12月06日 08:07
そこで、微細なくぼみをつけた特殊な培養プレートを民間企業のクラレ社と開発。ミニ肝臓を作るのに必要な3種類の細胞をすべてiPS細胞から作ってうまく混ぜ合わせ、高品質で均質なミニ肝臓を1枚のプレート上に2万個作ることに成功した。肝不全のマウスに移植し、生存期間が大幅に改善することも確かめた。 研究チ
iPSで「ミニ肝臓」、大量作製が可能に…横浜市大など読売新聞
横浜市大、「ミニ肝臓」大量作製 再生医療の足がかり日本経済新聞
横浜市立大学によるヒトiPS細胞からのミニ肝臓の大量製造に関する論文発表につきましてminkabu PRESS


iPS細胞を用いてヒト肝臓発生の複雑なメカニズムを解明
科学技術振興機構 2017年06月15日 09:48
横浜市立大学 学術院医学群 臓器再生医学 関根 圭輔 助教、武部 貴則 准教授、谷口 英樹 教授らの研究グループは、ドイツ・マックスプランク研究所のBarbara Treutlein、シンシナティ小児病院と共同で最先端の1細胞遺伝子発現解析技術を駆使したビッグデータ解析により、ヒトiPS細胞からミニ肝臓注1)
横市大、ヒトiPS細胞からミニ肝臓への形成過程の多細胞間相互作用を解析マイナビニュース
iPS細胞で肝臓形成の仕組み解明 横浜市大、再生医療用の立体臓器の品質向上へ産経ニュース


iPS由来の「ミニ肝臓」、安全性チェックできる技術を開発…横浜市大など
読売新聞 2017年06月19日 15:25
横浜市立大などの研究チームは、人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)などから作った「ミニ肝臓」について、安全性をチェックできる技術を開発したと発表した。 論文が、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。チームは、重い肝臓病の赤ちゃんにミニ肝臓を移植する臨床研究を計画しており、2019年度の申請を目指


「臓器のもと」iPS細胞から大量培養 夢の医療近づく
asahi.com 2017年08月23日 11:05
1本のベルトコンベヤーが研究員らの作業スペースをつなぎ、ピペットや培地が入った箱を搬送する。ロボットアームがくるりと向きを変えると、棚から培養皿を取り出した――。 「1分で知る」はこちらから · 横浜市立大先端医科学研究センター内の「細胞製造システム」。iPS細胞からヒトの臓器のもとを大量培養するため昨年度か


ヒトiPS細胞から「ミニ肝臓」をつくった再生医療界の新星が考える今後
ハフィントンポスト 2016年03月04日 16:01
2006年に世界で初めて発表され、現在、その万能性から再生医療分野での活用が大いに期待されている「iPS細胞」。横浜市立大学准教授の武部貴則先生は、2013年にヒトiPS細胞から5ミリの肝臓の芽を作ることに成功しました。3年後に世界初の移植手術を行うことを目標に、現在も日本にとどまらず世界中のさまざ


ヒトiPS細胞由来ミニ肝臓創出手法に関する共同研究契約を締結-CiRA/武田/横浜市大
QLifePro医療ニュース 2016年11月11日 14:43
同プロジェクトは、2015年4月にCiRAと武田薬品が発表したTakeda-CiRA Joint Program for iPS Cell Applications(T-CiRA)と称する共同研究プログラムのひとつに位置づけられ、横浜市立大学大学院医学研究科臓器再生医学の武部貴則准教授が研究責任者として研究をリードする。T-CiRAでは8つ目のプ


他人のiPS移植手術終了…目の難病「加齢黄斑変性」患者5人に
読売新聞 2017年11月02日 10:03
他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した網膜細胞を、目の難病「 加齢黄斑変性 ( かれいおうはんへんせい ) 」の患者に移植する世界初の臨床研究について、理化学研究所や神戸市立医療センター中央市民病院などのチームは1日、当初の計画通り、5人への手術を終了したと発表した。現時点


iPS細胞で「肺胞」を効率的に作製…肺気腫治療に応用できる可能性
読売新聞 2017年10月05日 13:16
チームはこれまでもiPS細胞から肺胞の細胞を作っていたが、成功する確率は1割前後と低く、安定的に増やすことも難しかった。 今回、iPS細胞から肺胞の細胞になる一歩手前の細胞の段階で、特殊なたんぱく質や化合物を加えて約1週間培養するなど工夫した結果、半分が肺胞の細胞に変化した。 肺炎を起こす


ES細胞、国内初の治験…肝疾患の乳児に移植へ
読売新聞 2017年08月28日 10:42
ES細胞由来の肝細胞がアンモニアを分解、容体が安定し数か月後の肝臓移植につなげる。治験では、5人の赤ちゃんに実施し、血中のアンモニア濃度が適正に下がるか、肝細胞が肝臓に定着するかなどを調べる。製品化については企業との連携を検討している。 ES細胞と同様に様々な細胞に変化できるiPS細胞


世界初! iPS細胞から立体的な「ミニ肝臓」の作製に成功 生みの親が語る発想のカギと未来の医療
エイジングスタイル 2016年01月23日 15:21
iPS細胞由来の肝臓の前駆細胞と血管の細胞、接着剤の役目を果たす間葉系細胞の3種類を初期の段階から混ぜ合わせ一緒に培養。すると、培養を始めてすぐに細胞同士が自ら集まって塊となり、わずか2~3日で立体的な"肝芽"すなわち"ミニ肝臓"に育ったのだという。その細胞の中には、複雑な血管ネットワ


広告

広告

     

  1. iPSから「ミニ肝臓」大量製造
  2.  

  3. ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功 -再生医療への応用を大幅 …
  4.  

  5. iPS細胞からミニ肝臓を大量製造 再生医療実現に道:朝日新聞デジタル
  6.  

  7. 横浜市立大学によるヒト iPS 細胞からのミニ肝臓の大量製造に関する …
  8.  

  9. 横浜市大、「ミニ肝臓」大量作製 再生医療の足がかり :日本経済新聞
  10.  

  11. 共同発表:iPS細胞を用いてヒト肝臓発生の複雑なメカニズムを解明 …
  12.  

  13. ヒトiPS細胞からミニ肝臓の大量製造に成功「再生医療への応用加速 …
  14.  

  15. 【再生医療】iPSがまたやりやがった!ミニ肝臓の大量製造に成功 …
  16.  

  17. ヒトiPS細胞から「ミニ肝臓」をつくった再生医療界の新星が考える今後
  18.  

  19. iPSがまたやりやがった!ミニ肝臓の大量製造に成功:哲学ニュースnwk
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す