服用薬剤調整支援料2 について

「服薬情報等提供料2」は、以下の場合に算定できる。
ア 患者又はその家族等の求めがあった場合、患者の同意を得て、次に掲げる情報等の内容について、患者又はその家族等に対して速やかに提供等し、当該患者の次回の処方箋受付時に提供した情報に関する患者の状態等の確認及び必要な指導を行った場合。
(イ) 緊急安全性情報、安全性速報や医薬品・医療機器等安全性情報など、処方箋受付時に提供した薬剤情報以外の情報で患者の服薬期間中に新たに知り得た情報
(ロ) 患者の服薬期間中に服薬状況の確認及び必要な指導
イ 保険薬局の薬剤師が薬剤服用歴に基づき患者の服薬に関する(4)のアからウまでに掲げる情報提供の必要性を認めた場合にその理由とともに、患者の同意を得て、現に患者が受診している保険医療機関に対して、当該患者の服薬状況等について文書等により提供した場合。これには、保険薬局において患者の服用薬の残薬を確認し、処方箋を発行した保険医療機関に対して情報提供を行った場合が含まれる。

 
→ 15の5 服薬情報等提供料
 
→ 調剤報酬 PDF
 
→ 保険調剤の理解のために:薬局(令和元年度版)[PDF形式:1663KB]
 
→ 2018年診療報酬改定で示された調剤薬局の将来像~地域包括ケア時代の目指すべき薬局の方向性とは? 
 

服用薬剤調整支援料2


広告

広告

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。