東北大学 すい臓がんの新治療方法を開発

すい臓がんは
がんの中でも
早期発見が難しく、転移も早いので
治りにくいと言われています。
 
東北大学の研究グループが
生存期間の延長に効果的な治療方法があることを発表しました。
 

膵臓がん 東北大学

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。