東北大 脳神経疾患に関与するタンパク質のはたらきを特定

遺伝子変異に由来する
新生児の脳委縮が発症する仕組みの一部を
東北大学が解明。
 
タンパク質「ATP6AP2」に着目し、
「V-ATPase」と呼ばれる、
細胞膜に存在する膜内のタンパク質が
うまく機能しないために、異常な細胞の分化や細胞死が起きている
としています。
 
 

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。