潰瘍性大腸炎における遺伝子変異の蓄積を発見

慶応大学
潰瘍性大腸炎の大腸組織において、
特定の遺伝子変異が蓄積していることを発見。
 
今回の研究で、
多くの潰瘍性大腸炎患者の大腸上皮では、その炎症環境に適応するために
幹細胞に炎症に対して耐性を獲得する遺伝子変異(=炎症耐性遺伝子変異)が蓄積。
さらにそのクローンの領域が拡大していくことが判明。
 
→ 潰瘍性大腸炎患者で特定の遺伝子変異の蓄積を発見―難病の発症・増悪機構の解明に光明―
 

潰瘍性大腸炎 遺伝子変異の蓄積 発見

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。