iPS細胞で脊髄損傷の治療 慶応大学が世界初の臨床研究が承認

2019年2月18日
iPS細胞から作った神経のもとになる細胞を
移植して機能を回復させる臨床研究の計画が、
厚生労働省の部会で18日に承認されました。

iPS細胞を脊椎損傷の患者に応用するのは世界初。



広告

広告

コメントは受け付けていません。