「自律神経の乱れ」は季節の変わり目に注意!!

自律神経失調症になると
慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感などの
様々な症状が現れます。

 
季節の変わり目が危ない「自律神経の乱れ」改善のための専門家の提言
 
 

季節の変わり目 自立神経


広告

広告

 

自立神経の乱れ

 
 



広告

広告

コメントは受け付けていません。