加齢黄斑変性について

加齢黄斑変性
 
50歳以上の約1%が罹患。
男性の患者数が、女性の約3倍にのぼる。
 
視野を失ったり、ゆがんだりして、視力が著しく低下します。
障害を受けた部分の視細胞を再生させることは出来ません。
 
 

 

 

 



広告

広告

コメントは受け付けていません。