肺がん患者調査 9割が受動喫煙「不快」

各地の肺がん患者でつくる
「日本肺がん患者連絡会」は1日、
患者の91%が受動喫煙を「不快だ」
と答えたとのアンケート結果を公表した。
 
産経ニュース 2017年6月1日
http://www.sankei.com/life/news/170601/lif1706010060-n1.html
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]9割が受動喫煙「不快」 肺がん患者調査
産経ニュース 2017年06月01日 18:15
各地の肺がん患者でつくる「日本肺がん患者連絡会」は1日、患者の91%が受動喫煙を「不快だ」と答えたとのアンケート結果を公表した。 自民党の大西英男衆院議員(東京16区)が、受動喫煙対策を巡る党会合の議論で「(がん患者は)働かなくていい」との趣旨の発言をしたこと …
肺がん患者の9割被害=飲食店で受動喫煙-団体調査時事通信
 

受動喫煙とがん患者
asahi.com 2017年05月31日 10:32
また、たばこを吸わない人が、受動喫煙肺がんや脳卒中などにかかることで余計に増える医療費は、2014年度1年間で3,233億円に上るという推計も発表されています(厚生労働省研究班/研究代表者、中村正和・地域医療振興協会ヘルスプロモーション研究センター長)。
平原綾香、歌手仲間には喫煙肯定派も「のどが強くなるから」…禁煙の難しさデイリースポーツ
がんに勝ったのに生活破綻、そんなのあり?!日経ビジネスオンライン
たばこのない五輪を…医療関係者らサミット読売新聞
 

肺がん・脳卒中など…受動喫煙の医療費、年3200億円超
読売新聞 2017年05月12日 15:04
研究班は、国の検討会が昨年発表した「たばこ白書」で受動喫煙との因果関係を「確実」とした肺がん、虚血性心疾患、脳卒中について分析。職場や家庭で長期にわたり間接的に煙を吸った40歳以上の人で、2014年度に余計にかかった医療費を算出した。 その結果、医療費は …
受動喫煙医療費」約3200億円fnn-news.com
 

受動喫煙の医療費3233億円 肺がんなど 厚労省
朝日新聞 2017年05月07日 09:21
配偶者からと職場での受動喫煙を考慮し、40歳以上の患者数や喫煙の有無による病気のなりやすさの違いなどをもとに計算した。受動喫煙によって肺がんにかかるのは約1万1千人で335・5億円、脳卒中は約12万9千人で1941・8億円、虚血性心疾患が約10万1千人 …
 

医療費3230億円 脳卒中、肺がんなど 厚労省研究班 2014年度推計
毎日新聞 2017年05月16日 15:20
研究班は国の検討会が16年度に発表した「たばこ白書」で、受動喫煙と病気との因果関係が「十分ある」とされる肺がん、虚血性心疾患、脳卒中の3疾患について分析。職場や家庭での受動喫煙を考慮し、40歳以上の患者数や、喫煙の有無による病気のなりやすさなどを基に …
 

がん患者と働く環境 受動喫煙の防止が重要だ
毎日新聞 2017年05月24日 02:47
肺がんや心疾患をはじめ受動喫煙による健康被害については、国内外で多数の医学論文が警鐘を鳴らしている。すぐに被害が発生するわけではないので、現在健康な人には実感がわかないだけだ。 乳幼児突然死症候群と受動喫煙との因果関係を裏付ける調査もある。リスクを …
 


広告

広告

     

  1. 肺がん患者会:受動喫煙にSSAK PPAPパロディ動画 – 毎日新聞
  2.  

  3. 受動喫煙 – Wikipedia
  4.  

  5. 【ゆうゆうLife】受動喫煙防止 進むか30年目の規制強化(1/4ページ …
  6.  

  7. 肺がん患者会がピコ太郎パロディー 「ストップ!受動喫煙」を動画で訴え …
  8.  

  9. Petition · #受動喫煙防止法に賛成!受動喫煙対策を強化して、救える …
  10.  

  11. 受動喫煙対策で150団体が要望書 厚労省案「7割が賛成」 :日本経済新聞
  12.  

  13. 受動喫煙:動画で止めたろう 肺がん患者会 – 毎日新聞
  14.  

  15. 肺がん・脳卒中など…受動喫煙の医療費、年3200億円超 : yomiDr …
  16.  

  17. 肺癌と喫煙【肺癌になってしまったら】
  18.  

  19. 受動喫煙を無くすため、署名にご協力ください! – がん情報サイト「オンコロ」
[/normal_box]

 

 
自民党の大西英男衆院議員(東京16区)が、受動喫煙対策を巡る党会合の議論で「(がん患者は)働かなくていい」との趣旨の発言をしたことを受け、肺がん患者に緊急アンケートを実施。215人が回答した。
 
肺がんになってから受動喫煙の機会があった場所は「飲食店」が最多の88%で、職場で受動喫煙を受けたと回答したのは31%だった。
 
なぜ不快と感じるかについて、がんの再発や悪化への恐怖があるとの意見が多かった。職場の受動喫煙は「非常に困っている」(50代男性)、「言いたくても言えない」(60代女性)との回答もあった。
 
大西氏の発言については「生きていくために働かざるを得ない。発言は悔しく悲しい」(40代女性)との声が上がった。
 
 
産経ニュース 2017年6月1日
http://www.sankei.com/life/news/170601/lif1706010060-n1.html
 
 



広告

広告

コメントを残す