臍帯血事件

再生医療安全性確保法が
2014年に施行された。
 
審査や届け出などの手続きが義務づけられた。
 
第三者に臍帯血を提供する
公的バンクは
法律に基づき許可を受ける必要がある。
 
本人や親族の利用を
目的とした
民間バンクは規制対象外。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]臍帯血の無届け治療に関わった疑いで販売業者と医師を逮捕 全国初
ハフィントンポスト 2017年08月27日 16:01
全国のクリニックで他人の臍帯血(さいたいけつ)を使った再生医療が国に無届けで行われていた問題で、愛媛、高知、茨城、京都の4府県警の合同捜査本部は27日、臍帯血をクリニックに販売した業者や実際に治療にあたった医師ら計6人を、再生医療安全性確保法違反容疑 …
クリニックで行われた臍帯血投与に意味がない理由BLOGOS
臍帯血投与どこが問題? 美容効果は「根拠なし」日本経済新聞
再生医療提供機関の公表停止 厚労省、臍帯血事件受け朝日新聞


押収品臍帯血を持ち出しか 無断販売の疑い
日本経済新聞 2017年08月29日 00:50
他人の臍帯血(さいたいけつ)を国に無届けで投与したとする再生医療安全性確保法違反事件で、京都市の「京都健康クリニック」経営者、坪秀祐容疑者(60)らが、管理を任された家宅捜索の押収品の臍帯血を無断で持ち出した疑いがあることが28日、捜査関係者らへの取材で …
「水虫から末期がんまで」臍帯血、有効性疑問のまま販売朝日新聞
3割が外国人 臍帯血無届け移植 中国人に高い需要産経ニュース
管理任された押収品臍帯血移植か 不適合使用疑いも中日新聞


破綻の民間バンクに着目 臍帯血の流出ルート浮かぶ 無届け移植事件
産経ニュース 2017年08月27日 21:22
臍帯血無届け移植容疑で医師ら6人が逮捕された事件の捜査は、臍帯血が移植され、その後死亡した女性の遺族からの相談がきっかけだった。立件には至らなかったものの、愛媛県警などの合同捜査本部は関連捜査を続けた結果、経営破綻した民間臍帯血バンクの存在に …
臍帯血事件 患者3割が外国人 富裕層、医療ツーリズムで日本経済新聞
臍帯血販売業者と医師ら逮捕 無届け治療に関わった容疑朝日新聞
無届け臍帯血 患者3割が外国人BIGLOBEニュース


臍帯血違法投与 「美容効果あるように錯覚させるクリニックある」識者指摘
産経ニュース 2017年08月27日 20:26
体のさまざまな細胞のもとになる幹細胞を多く含む臍帯血は再生医療への活用が期待されている。ただ実際の治療に使用されたケースはまだ少なく、美容やアンチエイジング効果についても、厚生労働省は「エビデンス(科学的根拠)はない」と指摘する。 「ステムセル研究所」( …


押収品の臍帯血移植か 不適合使用の疑いも
中国新聞 2017年08月29日 00:03
他人の臍帯血(さいたいけつ)を国に無届けで移植したとする再生医療安全性確保法違反事件で、京都市の「京都健康クリニック」経営者坪秀祐容疑者(60)らが、管理を任された家宅捜索の押収品の臍帯血を無断で持ち出した疑いがあることが28日、捜査関係者らへの取材で …


臍帯血移植、HPに記載しないよう要請 仲介業者
朝日新聞 2017年08月28日 19:09
東京や大阪などのクリニックで他人の臍帯血(さいたいけつ)を使った再生医療が無届けで行われていた事件で、臍帯血の販売元とクリニックの仲介役となり、愛媛など4府県警の合同捜査本部に再生医療安全性確保法違反容疑で逮捕された坪秀祐容疑者(60)が供給先の …


臍帯血移植、3割が外国人 無届け疑い、医師ら送検
西日本新聞 2017年08月28日 10:43
他人の臍帯血を国に無届けで移植したとして、再生医療安全性確保法違反容疑で医師らが逮捕された事件で、篠崎庸雄容疑者(52)が社長を務める販売会社「ビー・ビー」(茨城県つくば市)の臍帯血を移植した患者の約3割が外国人で、中国人が多かったことが28日、愛媛 …


臍帯血、100人分無届け移植か
福井新聞 2017年08月29日 12:00
他人の臍帯血を無届けで移植したとして医師らが逮捕された事件で、流出元の業者は再生医療安全性確保法の施行後、約100人分を販売し、使われた移植はほとんどが無届けとみられることが29日、分かった。費用は1回当たり300万〜400万円で、愛媛など4府県警の合同 …


無届け臍帯血投与疑いで医師ら6人逮捕
西日本新聞 2017年08月28日 00:02
無届け臍帯血投与疑いで医師ら6人逮捕. 2017年08月27日 10時32分. 他人の臍帯血(さいたいけつ)を無届けで投与したとして、愛媛など4府県警は27日、再生医療安全性確保法違反容疑で、東京都渋谷区のクリニックの医師や販売業者ら計6人を逮捕した。


春秋
日本経済新聞 2017年08月29日 02:30
へその緒を大切に取っておく風習はきわめて日本的だという。親子のきずなや、生命力の象徴なのだろう。習わしは根強く残り、今風の入れ物も登場している。そんな親心にも通じていようか、わが子の臍帯血(さいたいけつ)を民間バンクに預けて将来の備えにする親は少なくない。


広告

広告

     

  1. 臍帯血事件 患者3割が外国人 富裕層、医療ツーリズムで :日本経済新聞
  2.  

  3. さい帯血事件:容疑者、カルテ改ざん促す – 毎日新聞
  4.  

  5. 悪いけど金が絡むとこんなもん:違法臍帯血投与|産婦人科医きゅーさん …
  6.  

  7. 破綻バンクからの流通捜査 「臍帯血」事件で4府県警 – 産経WEST
  8.  

  9. 臍帯血事件の続報(つくば市・京都市・松山市): ニュースを医学的立場から
  10.  

  11. さい帯血の無届け投与事件で医師ら逮捕 クリニック周辺は騒然 …
  12.  

  13. 臍帯血の移植1回300万〜400万円台 巨額利益を容疑者ら山分け(産経 …
  14.  

  15. 臍帯血事件 27日にも逮捕 医師ら再生医療法違反容疑:どうしん電子版 …
  16.  

  17. 再生医療提供機関の公表停止 厚労省、臍帯血事件受け:朝日新聞デジタル
  18.  

  19. 27日にも医師ら逮捕へ 臍帯血事件、流通捜査:社会:中日新聞 …
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す