複数ワクチン混ぜ接種「実施してはならない」 – 小児科学会、異なる部位への同時接種>は「適切」


 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]東京・品川区のクリニック医師、複数ワクチンを混ぜて接種
TBS News 2017年05月16日 23:07
東京・品川区のクリニックの医師が、本来は混ぜてはいけない複数のワクチンを混ぜて乳幼児などに接種していたことがわかりました。 品川区によりますと、品川区東五反田にある「ケルビムこどもクリニック」の男性医師が、はしかや水疱瘡、おたふくかぜのワクチンなど、本来、 …
<ワクチン>東京・品川の医師、数種を混ぜ乳幼児に接種BIGLOBEニュース
 

子どもに同時接種はしていいの? 接種の場所は腕だけ??
マイナビニュース 2017年01月31日 07:00
この点について菅谷先生は「できるだけ早く免疫をつけるという意味でも、同時接種は常識。本数や組み合わせの制限はないので、かかりつけ医に相談してください」とアドバイスをくださった。海外でも同時接種は当たり前で、同時に複数のワクチンを接種しても、1本ずつ接種して …
 

【医師監修】生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?
GIRL’STALK 2017年05月30日 07:34
赤ちゃんは生後6ヶ月頃からママから受け継いだ抗体が減るといわれており、それまでに6〜7種類のワクチンを受けておくことが望ましいとされています。 生後2 … 同時接種で一度にまとめて受けられるものもあるので、内容や順番を考えて計画的に受けるようにしていきましょう。
 

ワクチン同時接種は大丈夫?副作用などが心配です|専門家の見解
cozre(コズレ) 2015年10月02日 08:36
最近では、子どもの予防接種を同時に何本も打つクリニックも多いようです。 副作用が出たときのことを考えて、同時接種に不安を持っているという悩みに対し、専門家の皆さんは何とアドバイスしているでしょうか。
 

子どもの予防接種の副作用は気にするべき?
マイナビニュース 2017年01月26日 20:00
一方で、日本小児科学会では「同時接種において、接種できるワクチン(生ワクチンを含む)の本数に原則制限はない」としています。また、同時接種の方が、時間や労力が軽減できる上、子どもの精神的な負担は少ないと言えます。 まずは、小児科医になぜそのような接種方法を …
 

日本脳炎ワクチン、「18歳」に積極的勧奨へ 厚労省、来年度から24年度まで
日刊薬業 2017年01月31日 05:14
厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会は30日、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンの2期接種を標準的な計画通りに受けていない可能性がある年齢層に、積極的勧奨を実施するとの方針を了承した。積極的勧奨の対象は、2017年度以降に18歳になる人。期間は24年度末まで …
 

/9 同時接種 効果変わらず 国立感染症研究所感染症疫学センター第3室・多屋馨子室長
毎日新聞 2015年12月24日 02:21
ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンがあります。生ワクチンは、ワクチンの中で弱毒化されたウイルスや細菌が生きています。生ワクチンを接種すると、ワクチン中のウイルスや細菌が受けた人に感染し、体内で増えるため、軽く病気にかかったような状態になります。
 

肺炎球菌ワクチン同時接種してもよい?
nikkei BPnet 2014年12月11日 00:23
インフルエンザの二次感染で肺炎を引き起こせば、死亡につながる恐れがある。2014年10月、成人用肺炎球菌ワクチンが原則65歳以上の高齢者で定期接種化され、公費負担によって接種を受けられるようになった。インフルエンザワクチンに加えて、肺炎の主な原因となる肺炎 …
 

B型肝炎ワクチン定期接種に ゼロ歳のうちに3回必要
東京新聞 2016年10月18日 08:04
… 守ろうの会」(東京都中央区)は、「ワクチンデビューは生後二カ月の誕生日」を合言葉に、ウェブサイトで予防接種のお勧めのスケジュールを紹介している。同会は、生後二カ月で定期接種のB型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌に加え、任意でロタウイルスの同時接種も勧めている。
 

赤ちゃんのインフルエンザ|予防接種の時期、薬、症状、潜伏期間
cozre(コズレ) 2016年11月16日 23:00
同時接種は可能? 赤ちゃんの月齢によっては、インフルエンザの予防接種をいつ打てばいいのか迷うこともあると思います。しかし、インフルエンザのワクチンは、不活化ワクチンですから、他の予防接種と同時接種も可能です。 迷った場合には、主治医と予防接種のスケジュール …
 

インフルと肺炎球菌のワクチン同時接種で発熱の恐れ
kenko 100 2014年01月15日 10:44
乳幼児にインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチン同時接種した場合、それぞれを単独で接種した場合に比べて発熱リスクが増大することが分かった。米コロンビア大学医学部のMelissa S. Stockwell氏らが、1月6日発行の米医学誌「JAMA Pediatrics」(電子版)に発表した。
 


広告

広告

[/normal_box]

 

 



広告

広告

コメントを残す