おたふく風邪 難聴などの合併症を防ぐため、専門家がワクチン接種を呼びかけている

春から夏に感染者が増える
流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が、
約5年に1回とされる昨年の全国的流行が収束しないまま、
今季のシーズンを迎えそうだ。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]おたふく風邪、昨年の流行収束しないままシーズン入り〔読売新聞〕
Medical Tribune (登録) 2017年03月16日 15:32
春から夏に感染者が増える流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が、約5年に1回とされる昨年の全国的流行が収束しないまま、今季のシーズンを迎えそうだ。 例年より患者が増える恐れもあり、難聴などの合併症を防ぐため、専門家がワクチン接種を呼びかけている。 国立感染症 …
 

おたふく風邪
岐阜新聞 2017年03月13日 11:41
最近おたふく風邪のお子さんや、お子さんから感染したお父さんやお母さんを見掛けることがあります。このおたふく風邪の正式名称は「流行性耳下腺炎」で、ムンプスウイルスの感染で起こります。 潜伏期間は2~3週間で、まず耳の前にあり唾液が出る耳下腺や、顎の下にある顎 …
 

三宅アナ「めざまし」3日ぶり復帰 おたふく風邪の疑いだった
スポーツニッポン 2017年03月10日 05:39
同局広報部から「体調不良のため、大事を取って休んでおります」とだけ発表されていたが、三宅アナは「実は、おたふく風邪の疑いがありまして、世代によっては予防接種をしていない方も多い、ということで、うつしたら大変なことになるので、大事を取ってお休みさせていただき …
フジ三宅アナ、おたふく風邪の疑いだった 3日ぶり復帰も「重病説出てビックリ」デイリースポーツ
フジ三宅アナ「めざまし」復帰、重病説を否定asahi.com
フジ・三宅アナ、3日ぶりに番組復帰「世の中では三宅重病説が出ていたようで」サンケイスポーツ
 

子どものおたふく風邪の症状と治療法|重症化すると怖い感染症
cozre(コズレ) 2017年02月15日 23:06
子どもがかかりやすい、おたふく風邪。耳の下から顎の下までぷっくりと腫れることで知られている病気です。 おたふく風邪は通常、自然治癒することの多い病気ですが、重症化したり合併症を起こしたりすると、難聴などの後遺症を残ししまうことも。 今回は、おたふく風邪の症状や …
 

突然、大量の唾液が止まらない!あなたに潜む疾患リスクとは?
ニフティニュース 2017年03月16日 18:15
おたふく風邪などのウイルス感染症により、唾液が産生されにくくなります。 口の中が乾き、食べるのがつらくなり、すっぱいものを見ると耳下腺が痛くなります。 唾液腺の機能は感染が収まれば回復します。口の中の細菌が唾液腺に感染すると、唾液に膿が混じることもあります。
 

『ヘルスケア大学』、 耳の日にちなみ、 「耳に関する記事」 アクセスランキングを発表~注目はトップ10の6割がおたふく風邪(流行性耳下腺炎)~
読売新聞 2017年03月03日 09:33
ヘルスケア大学参画ドクターの森本耳鼻咽喉科・森本雅太先生によると、おたふく風邪の予防には規則正しい生活と手洗いうがい、ワクチン接種の3つが有効です。また、耳の病気の中では唯一ワクチン摂取で予防できる病気でもあります。自分にあった予防方法を取り入れて感染 …
 

おたふく風邪ワクチンは必要ない?
読売新聞 2016年09月12日 11:24
つい先日もおたふく風邪の疑いの患者さんがやってきました。隔離室へ入ってみると、5歳の女の子の右耳のすぐ下が大きく腫れていました。熱もある。お母さんに話を聞くと、幼稚園で何人もおたふく風邪で休んでいる子どもがいるらしい。そしてそのお子さんは、おたふく風邪の …
 

流行再来!?おたふく風邪に注意
おたくま経済新聞 2016年11月14日 12:07
通常、普通の風邪の場合は喉や鼻の奥などの粘膜が腫れ違和感が出るのに対して、おたふく風邪の原因となるムンプスウィルスは唾液腺の腫れが特徴的です。熱はだいたい3日程度続き、唾液腺の腫れは1周間程度で治まりますが、合併症として無菌性髄膜炎や脳炎、膵炎、 …
 

おたふく風邪流行 過去5年の平均を上回る 中部地方で患者増 | ハザード …
ハザードラボ 2016年12月19日 16:00
おたふく風邪の患者数が過去5年間の平均を上回る勢いで増えており、4〜5年ぶりに流行シーズンを迎えた。 流行性耳下膜炎、いわゆるおたふく風邪は、ムンプスウイルス …
 

《2016年おたふく風邪流行状況》西日本中心に感染拡大中、大人も注意 …
日刊アメーバニュース 2016年10月20日 13:38
2016年10月19日(水)現在、西日本を中心におたふく風邪の流行が広まっており、各地で患者数が増加傾向にあります。 小さいお子さんに発症が良くみられるおたふく風邪の …

[/normal_box]

 

 

 


広告

広告

県内における流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)注意報の発令
日本海新聞 2017年03月15日 16:07
感染症のお知らせです。東部地区で流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)が流行していることから、本日、県内全域に流行性耳下腺炎注意報を発令しました。今後、流行が拡大するおそれがありますので、注意が必要です。インフルエンザ注意報及びA群溶血性レンサ球菌(溶連菌) …
 

おたふく風邪、昨年の流行収束しないままシーズン入り : yomiDr. / ヨミ …
読売新聞 2017年03月16日 10:09
春から夏に感染者が増える流行性耳下腺炎(おたふく風邪)が、約5年に1回とされる昨年の全国的流行が収束しないまま、今季のシーズンを迎えそうだ。 例年より患者が …
 

おたふく風邪
岐阜新聞 2017年03月13日 11:41
最近おたふく風邪のお子さんや、お子さんから感染したお父さんやお母さんを見掛けることがあります。このおたふく風邪の正式名称は「流行性耳下腺炎」で、ムンプスウイルスの感染で起こります。 潜伏期間は2~3週間で、まず耳の前にあり唾液が出る耳下腺や、顎の下にある顎 …
 

子どものおたふく風邪の症状と治療法|重症化すると怖い感染症
cozre(コズレ) 2017年02月15日 23:06
本記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、適合性、有益性、その他一切について当社はいかなる責任も負いません。本記事の情報に基づくすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行って …
 

おたふくかぜ大流行中!後遺症に「重い難聴」・・・感染しやすい新1年生
J-CASTニュース 2017年02月23日 12:36
ちょっと愉快な呼び方なので油断してしまうが、「おたふくかぜ」はこれから夏かけてはやり、ときには重い後遺症を残す要注意の病気だ。「流行性耳下腺炎」が正式な名称で、ムンプスウイルスが耳の内部に入り込んで発症する。 唾液による飛沫で感染し、熱が出て耳の下から頬の …
 

『ヘルスケア大学』、 耳の日にちなみ、 「耳に関する記事」 アクセスランキングを発表~注目はトップ10の6割がおたふく風邪(流行性耳下腺炎)~
読売新聞 2017年03月03日 09:33
また、耳の病気の中では唯一ワクチン摂取で予防できる病気でもあります。自分にあった予防方法を取り入れて感染を予防しましょう。 □【耳に関する記事】 月間アクセスランキングトップ10(ヘルスケア大学) 1位 感染力は強い? おたふく風邪(流行性耳下腺炎)はうつるのか
 

妊婦・胎児に影響「4感染症」 妊娠前に免疫確認を
東京新聞 2017年02月21日 08:08
今夏、20代の娘が結婚する予定の愛知県の女性から、「妊娠に備えて、予防接種をどうすればいいのか」という投稿が本紙に寄せられた。妊娠中の女性は、風疹など四つの感染症が重症化したり、胎児に影響が出たりする場合がある。これから妊娠する可能性がある場合は、 …
 

昼は暖か、夜は寒い春。 春に気をつけたい病気
ニフティニュース 2017年03月10日 21:50
2月・3月・4月と春は一気に気温が上がっていきます。 また早春だとまだ寒暖差も大きく、冬みたいに寒い日と初夏を思わせるような陽気な日が、同じ一日にあることも。 こうした気候は、自律神経やホルモン代謝といった「ホメオスタシス(恒常性機能)」に乱れを生じさせます。
 

おたふくかぜの原因解明 九大、新薬開発にはずみ
日本経済新聞 2016年09月27日 11:01
九州大大学院医学研究院などの研究グループは27日、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の原因となるムンプスウイルスがヒトの細胞に侵入し、感染する仕組みを解明したと発表した。同院の橋口隆生准教授は「抗ウイルス薬の開発やワクチンの改良につながる」と話している。
九大など、おたふくかぜの原因ウイルスの受容体構造を解明マイナビニュース
おたふくかぜ感染の仕組み解明、薬開発へ成果…九大・筑波大グループ読売新聞
 

流行性耳下腺炎原因ウイルスの受容体構造を解明、予防・治療薬の前進に期待-九大ら
QLifePro医療ニュース 2016年09月29日 13:00
日本医療研究開発機構(AMED)は9月27日、流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)の原因ウイルスであるムンプスウイルスがヒトに感染するために利用する受容体の構造を解明し、ウイルス糖タンパク質と結合した状態を原子レベルの分解能で可視化することに成功したと …

 

例年より患者が増える恐れもあり、
難聴などの合併症を防ぐため、専門家がワクチン接種を呼びかけている。
 
国立感染症研究所によると、2月20日からの1週間で、
全国約3000の小児科から報告があった患者数は1979人。
 
流行していない年の同時期と比べて2倍ほどの多さで推移している。
 
昨年夏の最も多い時期は4128人に上った。
 
予防にはワクチンが有効で、就学前に2回接種することが望ましい。
 
 
yomiDRより
https://medical-tribune.co.jp/news/2017/0316506748/



広告

広告

コメントを残す