ヒトiPS細胞由来のミニ肝臓を作成

ヒト由来の人工多能性幹細胞(iPS細胞)
から作成したミニ肝について
細胞1個ごとに多数の遺伝子の働きを
網羅的に解析する技術を開発。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]iPS細胞を用いてヒト肝臓発生の複雑なメカニズムを解明
科学技術振興機構 2017年06月15日 09:48
本研究で得られたビッグデータは、今まで研究が困難であったヒトの臓器発生に関する基礎研究のための画期的なツールとなるのみならず、iPS細胞から作製したミニ肝臓の機能性や安全性を評価するための重要な基盤情報となります。これらの情報を活用することで、ヒトiPS …
肝臓形成の解析技術開発=ヒトiPS細胞で-横浜市大時事通信
iPS細胞で肝臓形成の仕組み解明 横浜市大、再生医療用の立体臓器の品質向上へ産経ニュース
 

「再生医療の実現を加速」英国科学誌『Nature』に掲載 — 横浜市立大学
大学プレスセンター 2017年06月17日 02:03
… 谷口英樹教授らの研究グループは、ドイツ・マックスプランク研究所のBarbara Treutlein、シンシナティ小児病院と共同で最先端の1細胞遺伝子発現解析技術を駆使したビッグデータ解析により、ヒトiPS細胞からミニ肝臓の形成過程で生じる多細胞間の相互作用を解析し、ヒトの …
 

ヒトiPS細胞由来ミニ肝臓創出手法に関する共同研究契約を締結-CiRA/武田/横浜市大
QLifePro医療ニュース 2016年11月11日 14:43
ミニ肝臓技術は、胎内で臓器が形成される初期の過程を模倣して、ヒトiPS細胞から立体的で血管構造を持つミニサイズのヒト臓器を作製する手法。横浜市大で開発された同手法を活用し、患者の体内で生じる複雑な現象を再現するための革新的なシステム開発予定している。
 

ヒトiPS細胞から「ミニ肝臓」をつくった再生医療界の新星が考える今後
ハフィントンポスト 2016年03月04日 16:01
2006年に世界で初めて発表され、現在、その万能性から再生医療分野での活用が大いに期待されている「iPS細胞」。横浜市立大学准教授の武部貴則先生は、2013年にヒトiPS細胞から5ミリの肝臓の芽を作ることに成功しました。3年後に世界初の移植手術を行うことを目標に、 …
 

世界初! iPS細胞から立体的な「ミニ肝臓」の作製に成功 生みの親が語る発想のカギと未来の医療
エイジングスタイル 2016年01月23日 15:21
iPS細胞由来の肝臓の前駆細胞と血管の細胞、接着剤の役目を果たす間葉系細胞の3種類を初期の段階から混ぜ合わせ一緒に培養。すると、培養を始めてすぐに細胞同士が自ら集まって塊となり、わずか2~3日で立体的な"肝芽"すなわち"ミニ肝臓"に育ったのだという。
 

京大CiRA&武田、ミニ肝臓で創薬研究スタート 責任者に横浜市立大の武部氏、CiRA以外で初めて
産経ニュース 2016年11月09日 19:27
京都大iPS細胞研究所(CiRA、山中伸弥所長)は9日、製薬大手の武田薬品工業との共同研究事業「T-CiRA」で、新たにヒト由来の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作成したミニ肝臓で創薬研究を行うプロジェクトをスタートすると発表した。 プロジェクトの研究責任者は、横浜 …
京大・武田薬品・横浜市大、iPS細胞研究の共同研究契約締結リセマム
 

京大iPS細胞研究所、2種類目となる「末梢血由来のiPS細胞ストック」を提供
マイナビニュース 2017年04月18日 19:10
京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、2種類目となる末梢血から作製したiPS細胞ストックを、今年4月18日より提供を開始したことを発表した。 このほど提供を開始した末梢血由来のiPS細胞株は、CiRAが2015年8月に提供を開始した末梢血から作製したiPS細胞ストックに続いて …
 

山中伸弥教授ら、加齢黄斑変性に対するiPS細胞を用いた治療の安全性を立証
マイナビニュース 2017年03月17日 16:26
同研究成果は、山中伸弥 iPS細胞研究所教授、髙橋政代理化学研究所プロジェクトリーダー、栗本康夫先端医療振興財団先端医療センター病院部長らの研究グループによるもので、2017年3月16日に米国の科学雑誌「The New England Journal of Medicine」に掲載された。
 

No.030 広告と再生。医学の袋小路を突破する、逆張りの革命 武部貴則
WIRED.jp 2016年10月05日 10:01
ドナーの圧倒的な不足に悩まされる臓器移植の世界に、福音をもたらしつつある若き研究者がいる。まるごとの肝臓移植にかわる、移植後に成長していく「ミニ肝臓」創出の成功──コロンブスの卵がごとき発想の転換で、研究室の中から、驚くべきスピードで現場の患者へその …
 

移植医療に朗報!「臓器製造システム」の実力
東洋経済オンライン 2015年02月03日 15:05
全自動ではなく、人の作業をロボットが支援する「トヨタ方式」を採用してiPS細胞(人工多能性幹細胞)から直径5ミリメートルほどの“ミニ肝臓”を大量に作り、将来的に肝不全の治療に役立てる予定だ。 谷口教授の研究グループは臓器作りで世界をリードしてきた。2013年にはiPS …
 


広告

広告

     

  1. ヒトiPS細胞から「ミニ肝臓」をつくった再生医療界の新星が考える今後 …
  2.  

  3. 移植医療に朗報!「臓器製造システム」の実力 | スマホ・ガジェット | 東洋 …
  4.  

  5. 世界初! iPS細胞から立体的な「ミニ肝臓」の作製に成功 生みの親が …
  6.  

  7. 【大学研究室Vol.3】iPS細胞から「ミニ肝臓」の作成に成功。新しい治療 …
  8.  

  9. 全文表示 | 世界初! iPS細胞から立体的な「ミニ肝臓」の作製に成功 …
  10.  

  11. 加速するiPS研究 ~山中教授に聞く実用化への道~ – NHK クローズ …
  12.  

  13. iPS細胞から高性能の”ミニ肝臓” | NHK「かぶん」ブログ:NHK
  14.  

  15. 共同発表:iPS細胞を用いてヒト肝臓発生の複雑なメカニズムを解明 …
  16.  

  17. 必須アミノ酸バリンの代謝、肝臓発生に重要な役割 -iPS細胞からミニ …
  18.  

  19. 共同発表:iPS細胞から血管構造を持つ機能的なヒト臓器を創り出すこと …
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す