不整脈治療けん引の奥村謙弘大教授 故郷・熊本へ

国内の不整脈治療を
長年けん引してきた
弘前大学大学院医学研究科循環器腎臓内科学講座の
奥村謙教授(64)が
今月末で退職。
 
4月1日、古里・熊本市の済生会熊本病院に赴任する。
 
奥村教授は、20年にわたる弘大での日々を振り返り、
「循環器、脳卒中に関する救急医療体制を整え、住民に安心を届けることができた。
今後は各施設がさらに交流、連携を深めてほしい」
と語った。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]熊本大地震 災害拠点指定病院などに800人超が手当て
fnn-news.com 2016年04月15日 11:59
熊本市民病院には、261人が搬送され、そのうち、倒壊した建物の下敷きになった80代の男性が死亡、14人が重傷となっている。 国立病院機構熊本医療センターには、111人が搬送され、このうち、8人が重傷となっている。 済生会熊本病院には、87人が搬送されていて、 …
14日からの一連の地震 熊本で25人死亡NHK
けが人多数「追い付かない」=医師招集、懸命の手当て-熊本市の各病院時事通信
熊本市の医療機関に100人超搬送西日本新聞
 

サポート情報 病院
毎日新聞 2016年04月16日 18:24
熊本赤十字病院(熊本市、096・384・2111)▽阿蘇医療センター(阿蘇市、0967・34・0311)▽公立玉名中央病院(玉名市、0968・73・5000)▽山鹿市民医療センター(山鹿市、0968・44・2185)▽川口病院(菊池市、0968・25・2230)▽矢部広域病院(山都町、0967・72・1121)▽済生会熊本病院(熊本市、096・351
[/normal_box]  


広告

広告



広告

広告

コメントを残す