医療情報データベース調査は対照群設定を – 厚労省、副作用評価などで見解


医療情報データベースの利用を
厚生労働省が見解を報告。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]医療情報データベース調査は対照群設定を 厚労省、副作用評価などで見解
株式会社CBnews (会員登録) 2017年06月13日 19:02
厚生労働省は、医療情報データベースの利用に関する見解をまとめた。医薬品医療機器総合機構(PMDA)が構築を進めている医療情報データベース「MID-NET」が2018年度に本格的に稼働することなどを踏まえたもので、業者が行う医薬品の副作用評価などについては、 …
 

  1. 医療情報データベース基盤整備事業について | 独立行政法人 医薬品 …
  2.  

  3. ここまで来た!医薬品安全管理における医療情報データベースの利活用
  4.  

  5. 医療情報データベース(MID-NET)を活用した これからの医薬品安全対策
  6.  

  7. 医療情報データベース基盤整備事業現状の課題と利活用の方策(PDF …
  8.  

  9. 医療分野におけるビッグデータ化がもたらすもの-医療情報データベース …
  10.  


    広告

    広告

  11. 医療情報データベースの運営等に関する検討会中間報告書(PDF:428KB)
  12.  

  13. 母子保健・医療情報データベース
  14.  

  15. 医療情報データベース調査は対照群設定を – 厚労省、副作用評価などで …
  16.  

  17. 地域医療情報データベース基盤整備研究所|佐賀大学 学術研究協力部 …
  18.  

  19. 医療情報データベースの活用による 医薬品等安全対策の推進について …

[/normal_box]

 

 



広告

広告

コメントを残す