抗菌薬の適正使用は「薬剤耐性を抑制」 – 厚労省、都道府県に手引き周知を要請


 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]抗菌薬の適正使用は「薬剤耐性を抑制」 – 医療介護CBnews – CBニュース
株式会社CBnews (会員登録) 2017年06月05日 20:12
厚生労働省は、抗菌薬の適正使用に関する手引きを医療機関などに周知するよう都道府県、保健所設置市、特別区に通知した。抗菌薬(抗微生物薬)の適正使用は「薬剤 …
【健百】半分は不要な抗菌薬。処方医師の特徴は? | あなたの健康百科kenko 100
 

脅威となる耐性菌ランキング
Nature Asia 2017年05月29日 12:22
世界保健機関(WHO)は、人類の健康に最大級の脅威を与え、新規の有効な抗生物質を緊急に必要としている薬剤耐性菌のリストを、今回初めて公開した。 この「対策を優先すべき耐性菌」のリストを作成したWHOの意図は、最も … 抗生物質耐性菌によって世界で年間70万人が死亡していると推定されており、一部の
 

術後や高齢者 高リスクの人は感染症の重症化に注意
asahi.com 2017年05月12日 06:11
薬剤耐性菌による感染症も基本的に日和見感染です。もし耐性菌が … 具体例を挙げれば、手術後の患者、寝たきり患者、85歳以上の超高齢者、糖尿病患者、透析患者、がん患者、白血病患者、エイズ患者、副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制剤を投与されている人などです。
 

【特集】3Dマトリック Research Memo(2):自己組織化ペプチドを用いた医療材料・機器を開発するバイオベンチャー
株探ニュース 2017年05月10日 10:00
※PRN2・・・がんの転移・浸潤・薬剤耐性を担うターゲット遺伝子。siRNAは分解性が高いといった特性があり、ターゲットのがん細胞に届くまでに体内で分解されるといった課題があったが、A6Kとの複合体にすることで分解が抑制される効果があり、がん細胞に確実 …
 

2.薬剤耐性(AMR)の拡大を防ぐには?
政府広報 2016年11月24日 11:51
薬剤耐性(AMR)の拡大を防ぐためには、感染症にかかり抗菌薬を必要とする機会を少なくすることや感染症を周りに拡げないようにすることに加え、医療の現場で、ウイルスによる感染症を始めとして、必要のない抗菌薬を処方しないという取組が重要です。それと同時に、私たち …
 

抗菌薬使用抑制へ手引作成 厚労省、医師向け
日本経済新聞 2016年12月05日 21:01
厚生労働省は5日、抗菌薬が効かない薬剤耐性菌への対策として、抗菌薬を適正に使うために医師向けの手引を作成することを決めた。抗菌薬の過剰な使用で耐性菌が生み出されるため、使用量を抑え、耐性菌の発生や拡大の防止を狙う。 手引は、外来の患者を受け持つ医療 …
 

がんの転移抑制に、風邪薬の成分フルフェナム酸が有効-北大
QLifePro医療ニュース 2016年10月07日 13:30
浅いがんは予後が良好だが、浸潤がんは肺などに転移しやすく予後不良である。浸潤がんの治療には通常、シスプラチンなどの抗がん剤が用いられるが、薬剤耐性の獲得と遠隔臓器への転移が予後不良の原因となるとされる。そのため、薬剤耐性を解除し、転移を抑えることが …
 

米、牛や鶏などへの抗生物質投与規制 薬剤耐性菌を抑制
日本経済新聞 2015年06月04日 18:51
【ワシントン=芦塚智子】米食品医薬品局(FDA)は食用の牛や鶏などへの抗生物質の投与を規制する指針をまとめた。抗生物質が効かない薬剤耐性菌の発生を抑える狙い。抗生物質の家畜への過剰投与が原因の一つとされており、2016年12月から実施する。 人間の治療に …
 

薬剤耐性ってなに?
kenko 100 2017年03月10日 10:21
薬剤耐性とは、ズバリ「抗菌薬が効かなくなる」こと。感染症の原因となる細菌を殺したり、その増殖を抑制したりする働きを持つのが抗菌薬だが、この抗菌薬が効かない「薬剤耐性(AMR:Antimicrobial resistance)」を持つ細菌が世界中で増加し、すでに、耐性を持つ様々な細菌 …
 

薬剤耐性菌」増加に警鐘 抗生物質の使い過ぎ原因
東京新聞 2016年12月06日 08:22
抗生物質(抗菌薬)が効かない細菌の「薬剤耐性菌」が増えている。抗生物質の使いすぎが原因で、現在流行中のマイコプラズマ肺炎など、身近な病気にも効きにくくなっている。専門家は不必要な抗生物質の投与を控えることが重要だと指摘。五月の主要国首脳会議(伊勢志摩 …
 


広告

広告

[/normal_box]

 

 

 
 

体内に感受性菌と耐性菌が両方ある通常の状態で抗菌薬を投与した場合、耐性菌のみが残って薬剤耐性を拡大している背景がある。薬剤耐性を防ぐには、抗菌薬を乱用せず、適切に使用することが欠かせないため、昨年4月に閣議決定された「薬剤耐性対策アクションプラン」では、抗菌薬の適正使用を対策の一つに挙げていた。

 
【新井哉】
こうした状況を踏まえ、厚生科学審議会感染症部会などが診断方法や治療方針に加え、患者や家族への説明の方法などを盛り込んだ手引きを取りまとめた。外来診療を担当する医師らを対象に作成したもので、抗菌薬の使用が比較的多い急性気道感染症などの診断や治療の手順を記載している。

 

通知では、医療機関で十分な診察が行われていることを前提に、「医療機関や薬局において、抗微生物薬の必要性について適切に判断し、必要な場合には抗微生物薬を適切に処方する」としている。
 
引用:抗菌薬の適正使用は「薬剤耐性を抑制」 – 厚労省、都道府県に手引き周知を要請
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170605-20000000-cbn-soci
–>



広告

広告

コメントを残す