新型出生前診断 4年で4万人超

新出生前診断を受けた妊婦の
数が
検査開始から4年間で
4万4645人だった。
 
4年目の受診者は約1万4千人。
前年に比べて約1,000人増加。
 
染色体異常の疑いがある
「陽性」と判定されたのは
4年間で803人。
605人が陽性と確定。
自らの意思で
中絶を選択したのは567人。
 
新出生前診断は、安易に広がると「命の選別」につながると懸念されている。
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]新出生前診断、増加続く 4年で4万4千人
沖縄タイムス 2017年07月16日 21:12
妊婦の血液から胎児のダウン症などを調べる新出生前診断を受診した人は、検査を始めた4年間で計4万4645人だったとする集計結果を、各地の病院でつくる研究チームが16日、発表した。4年目は約1万4千人で前年より1200人増えた。高齢出産の増加などを背景に、受診 …
新出生前診断、4年で4万人超 高齢出産増加が背景日本経済新聞
新出生前診断、増加続く 4年で4万4千人BIGLOBEニュース


広告

広告

[/normal_box]

 

新出生前診断 関連URL

     

  1. 新型出生前診断(NIPT)とは?費用・条件・時期など | 30代の高齢出産 …
  2.  

  3. 新型出生前診断 – Wikipedia
  4.  

  5. 新型出生前検査 導入から1年 ~命をめぐる決断 どう支えるか~ – NHK …
  6.  

  7. 新型出生前診断のNIPTとは?染色体検査をするの?時期や費用は …
  8.  

  9. NIPT兵庫 新型出生前診断とは – NIPT兵庫 共同情報提供サイト
  10.  

  11. 40歳受精卵の8割に異常 出生前診断の精度は? | 高齢出産 30代後半 …
  12.  

  13. 15年前に出生前診断を受けた私がいま、思うこと | Conobie[コノビー]
  14.  

  15. 女性の利用ふえる「新出生前診断」ダウン症児検査の利点と落とし穴 …
  16.  

  17. 新型出生前診断で問われる”命の選別” 「13トリソミーの子」と家族に …
  18.  

  19. 「新型出生前診断」による”命の選別”の不安 | AERA | 東洋経済オンライン …

 
 



広告

広告

コメントを残す