iPSシート 大阪大が移植申請へ 初の心臓病治療

大阪大学の研究グループが
世界初の
iPS細胞から作製した
心臓の筋肉の細胞をシート状にして
貼り付ける治療法を
申請する。
 
早ければ
来年3月までに
1例目の手術の予定。
 

[normal_box color=”orange” border=”b3″]iPSシート移植申請へ大阪大 心臓病患者に
沖縄タイムス 2017年07月18日 21:48
人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した心筋シートを心臓病の患者に移植し、心臓機能を改善させる治療について、大阪大の澤教授(心臓血管外科)のチームが早ければ今週中にも、臨床応用に向けた患者への移植実施計画を学内の倫理委員会に申請する方針である …
iPS細胞で心不全治療、大阪大チームが審査申請へ朝日新聞
阪大 iPS細胞使い初の心臓病治療へNHK
世界初iPS細胞の心臓病臨床研究、申請へ日テレNEWS24


広告

広告

     

  1. 阪大 iPS細胞使い初の心臓病治療へ | NHKニュース
  2.  

  3. iPS細胞を使った世界初の心不全治療に挑む ――「心筋シート」で重症 …
  4.  

  5. “心筋シート”使う心臓病治療が始まった!:日経ビジネスオンライン
  6.  

  7. 大阪大学とテルモ、大日本印刷、再生医療による心臓病治療の普及を …
  8.  

  9. 世界初iPS細胞の心臓病臨床研究、申請へ|日テレNEWS24
  10.  

  11. iPS細胞使う心臓病治療 大阪大が治験申請へ | NHK「かぶん」ブログ:NHK
  12.  

  13. iPSシート 治験申請へ 16年度にも阪大 心臓病患者に移植
  14.  

  15. 2016年10月12日ニュース「iPS細胞でサルの心筋梗塞を治療 信州大が …
  16.  

  17. iPSシート移植申請へ、大阪大 心臓病患者に
  18.  

  19. 再生医療|最先端医療の提供|大阪大学 心臓血管外科
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す