iPS 認知症薬候補発見

京都大iPS細胞研究所
3種類の既存薬を組み合わせ
アルツハイマー病を引き起こす
物質を抑える効果を確認したと
米科学誌「セル・リポーツ」
で公開。
 
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]iPS認知症薬、原因物質減少確認…京大など
読売新聞 2017年11月22日 07:24
京大iPS細胞研究所の井上治久教授(幹細胞医学)らは、患者の皮膚からiPS細胞を作って増やし、脳の神経細胞に変化させて培養。既存の1258種類の薬をふりかけ、アミロイドβを減らす薬を探した。 その結果、パーキンソン病とぜんそく、てんかんの3種類の薬を同時に加える …
iPS認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少東京新聞
アルツハイマー、3薬併用で効果 京大が基礎研究日本経済新聞
アルツハイマー病 原因物質減らす、iPS細胞で“治療法”発見BIGLOBEニュース


広告

広告

     

  1. 東京新聞:iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少:社会 …
  2.  

  3. ヘッドライン | 主要 | 医療・健康 | iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因 …
  4.  

  5. iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少
  6.  

  7. iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少|静岡新聞アットエス
  8.  

  9. iPSで認知症薬候補発見 – Record China
  10.  

  11. アルツハイマー、3薬併用で効果 京大が基礎研究 :日本経済新聞
  12.  

  13. 長崎新聞 全国・海外ニュース:iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因 …
  14.  

  15. iPSで認知症薬候補発見 | 社会 | ニュース | So-net
  16.  

  17. iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少【主要】- 徳島新聞社
  18.  

  19. iPSで認知症薬候補発見 3種混合、原因物質が減少
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す