【子宮頸がんワクチン】 接種呼び掛け中止継続

副作用の報告が相次ぎ、
2年以上も接種の呼び掛け中止が続く
子宮 頸 (けい) がんワクチン。
 
厚生労働省は1年2カ月ぶりに
議論を再開させ、行き詰まりの打開を図る。
 
副作用の原因について、専門家の間でも見解が分かれる。
 
厚労省は被害者の救済策を拡大した上で、
さらに研究や調査を進め、勧奨再開の是非を判断する。
 
[normal_box color=”blue” border=”b1″]子宮頸がんワクチン】救済と研究進め、再開判断 接種呼び掛け中止継続
47NEWS 2015年09月21日 16:36
副作用の報告が相次ぎ、2年以上も接種の呼び掛け中止が続く子宮 頸 (けい) がんワクチン。厚生労働省は1年2カ月ぶりに議論を再開させ、行き詰まりの打開を図る。副作用の原因について、専門家の間でも見解が分かれる。厚労省は被害者の救済策を拡大した上で、さらに …
【深掘り】子宮頸がんワクチン:救済と研究進め勧奨再開判断へ沖縄タイムス


広告

広告

 
子宮頸がんワクチンの健康被害、国が初の救済 2015年09月19日 10時10分
読売新聞 2015年09月19日 10:10
ワクチンは2009年12月に販売開始され、13年4月に予防接種法に基づく定期接種となったが、健康被害の報告が相次ぎ、同年6月に国が接種の積極勧奨を中止。厚労省は患者の追跡調査を進める一方で、国の救済制度に申請があった健康被害について、救済の判断を …
子宮頸がんワクチン 患者6人に初救済NHK
子宮頸がんワクチンの健康被害、6人救済 定期接種で初日本経済新聞
子宮頸がんワクチン副作用 初審査で6人救済東京新聞

 
子宮頸がんワクチン副反応 未回復186人
日テレNEWS24 2015年09月18日 09:57
子宮頸がんワクチンの接種後に健康被害が相次いでいる問題で、厚労省は17日、専門家を集めた部会で、追跡調査の結果、症状が回復していない人が全国に186人いることを明らか。最多の症状は頭痛で、複数の症状がある人が約6割に上るという。[/normal_box]

広告

広告

コメントを残す