がん治療 高齢者の治療なしの割合が増加

国立がん研究センターが
75歳以上のがん患者が
高齢になるほど
積極的な治療を控える
傾向があると
調査結果を発表した。
 
 

[normal_box color=”orange” border=”b3″]75歳以上のがん患者 積極的な治療控える割合高くなる
NHK 2017年08月09日 05:01
がんと診断された患者のうち、75歳以上の高齢者では、体への負担が大きい手術や抗がん剤の投与などの積極的な治療を控える割合が高くなることが、国立がん研究センターの調査でわかりました。調査を行った担当者は「高齢のがん患者にどのような治療を行うかは医師の …
85歳以上・進行期の高齢者がん…「肺」58%、「胃」56%で積極治療せず〔読売新聞〕Medical Tribune (登録)
高齢がん患者、治療なしの割合高く 国立がんセンターが報告書日本経済新聞
高齢者のがん治療 エビデンスは少ないけど妥協点を探す 教科書としての答えはありませんBLOGOS
 


75歳以上がん「治療せず」多く 研究センター、初の経年分析
ZAKZAK 2017年08月09日 11:24
その結果、例えば27年に早期の状態であるステージIの大腸がんと診断された40~64歳の患者では、9割以上で手術や内視鏡、抗がん剤を組み合わせた治療が行われ、治療が行われなかったのは1・6%だった。しかし、75歳以上では3倍近い4・6%、85歳以上では18・1% …
 


広告

広告

高齢のがん患者、標準治療難しく 厚労省、指針策定へ
産経ニュース 2017年08月09日 08:20
高齢化に伴いがんになる高齢者が増える一方で、高齢患者の治療法などの研究は、これまでほとんどなされていない。厚生労働省は政府の次期がん対策推進基本計画に75歳以上の患者に対する対策など世代別の対策について初めて言及するほか、高齢者がん治療 …
がん 治療受けていない高齢者が年々増加livedoor
高齢がん、治療控える傾向 国立センター集計 体の負担軽減か東京新聞
高齢がん患者、治療なしの割合高く 国立がんセンターが報告書日本経済新聞


75歳以上の多く「がん」治療せず がんセンターが初集計 医療の質にばらつきも
産経ニュース 2017年08月09日 00:20
がんと診断された75歳以上の高齢者は、手術や抗がん剤などの治療を行わない例が多いことが8日、国立がん研究センター(東京都中央区)の調査で分かった。全国のがん診療連携拠点病院で平成24~27年に胃や大腸、肺など12の部位でがんと診断された患者の診療情報 …
がん5年生存率 平均65% 国立がん研究センター集計朝日新聞


国内海外の主要ニュース
南日本新聞 2017年08月09日 00:03
がん治療高齢者には控える傾向 国立センターが初集計2017年08月09日. 記者会見する国立がん研究センター・がん対策情報センターの研究員=7日、東京都中央区. 各地のがん医療を中心的に担う病院で、75歳以上の患者には手術後の抗がん剤投与を省くなど、患者が …

     

  1. 抗がん剤延命効果どこまで?高齢者がん治療|日テレNEWS24
  2.  

  3. 高齢者がん治療:調査へ 政府、延命効果を検証 – 毎日新聞
  4.  

  5. 高齢者のがん治療 | 静岡がんセンター
  6.  

  7. 高齢者へのがん医療の効果にかかる研究報告 << 国立がん研究センター
  8.  

  9. 高齢者のがんの治療方針をどう決める?:がんナビ
  10.  

  11. 増える高齢者のがん 治療目的よく話し合って:朝日新聞デジタル
  12.  

  13. 高齢者がん治療に指針 厚労省、抗がん剤に頼らぬ選択肢 :日本経済新聞
  14.  

  15. 高齢者のがんの手術はNG?60歳以上「この手術はやめたほうがいい …
  16.  

  17. 高齢者のがん治療が大きく変わる? 過度に抗がん剤は使わないという …
  18.  

  19. 末期高齢者に延命効果なし 抗がん剤治療、ガイドライン作成へ (1/2ページ)
[/normal_box]

 



広告

広告

コメントを残す