アルツハイマー病 脳神経細胞死を抑えるたんぱく質EDEMを発見

アルツハイマー病などの
神経変性疾患と似た状態の
ショウジョウバエで
脳神経細胞が死ぬのを抑える
たんぱく質「EDEM」を発見。
 
新たな治療法を開発する手掛かりに。
 

[normal_box color=”orange” border=”b3″] 神経細胞死抑えるたんぱく=治療応用期待-国立長寿センター
時事通信 2017年06月20日 01:11
実験対象のショウジョウバエは、脳神経細胞にある小胞体と呼ばれる袋状器官に異常なたんぱく質が蓄積し、神経変性疾患に似た運動機能の低下や神経細胞死がみられる。研究チームが脳神経細胞で生み出されるEDEMを人為的に約2倍に増やすと、異常なたんぱく質の蓄積 …
 

二つの神経難病に共通要因=ALSなど、治療に期待-医科歯科大チーム
時事通信 2017年03月24日 06:11
東京医科歯科大などの研究チームは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と、脊髄小脳変性症の一種(SCA31)という二つの異なる神経難病が、共通するリボ核酸(RNA)とRNA結合たんぱくとのバランスの崩れで発症することを突き止めた。実験では、バランスを正常に戻すと症状が …
 


広告

広告

     

  1. 神経細胞死抑えるたんぱく=治療応用期待―国立長寿センター (時事 …
  2.  

  3. 小胞体のたんぱく質増量で神経細胞死を抑制−国立長寿医療研が解明 …
  4.  

  5. 神経細胞死抑えるたんぱく=治療応用期待-国立長寿センター – グノシー
  6.  

  7. 小胞体におけるタンパク質の品質管理の分子機構および中枢神経系 …
  8.  

  9. 一酸化窒素による神経細胞死の機構を解明 – 国立大学法人 岡山大学
  10.  

  11. タンパク質の細胞内品質管理を担う新規還元酵素を発見 — 京都大学
  12.  

  13. 神経細胞 – Wikipedia
  14.  

  15. 神経細胞にたまった異常タンパク質を分解する新たな制御機構を解明 …
  16.  

  17. 神経細胞における異常タンパク質の凝集を阻害する分子を同定
  18.  

  19. 「ハンチントン病の新しい治療戦略を開発」―第3の細胞死を標的とする …
[/normal_box]

 

 



広告

広告

コメントを残す