ホーム » 健康ニュース » 抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル) 2018年12月

—- 広告 —-




—- 広告 —-

 

幸畑薬局です。
記事タイトルに関連のある情報源を提供しています。
よりよい情報を患者様にお届けする際にご利用ください。

抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル) 2018年12月


新規の抗インフルエンザウイルス薬
ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル)
に関する最近の情報です。
 
 

塩野義 抗インフルエンザ薬ゾフルーザの顆粒剤、今冬は発売せず 適応外使用のリスク回避
ミクスOnline 2018年11月22日 04:04
塩野義製薬は、9月に承認を取得した抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル)の顆粒剤について、今冬の2018‐19シーズンは発売しないことを決めた。同社広報部が11月21日、本誌取材に明らかにした。 顆粒剤は成人及び12歳以上の小児 ...

抗インフルエンザ薬ゾフルーザ 処方経験医の84%が「今後、処方増やす」
ミクスOnline 2018年11月06日 03:53
新規の抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル)を処方した経験のある医師の84%が「今後、ゾフルーザの処方を増やす」と考えていることが、ミクス編集部の調査でわかった。ゾフルーザの処方経験医に、患者の年齢・年代別に「最も多く処方 ...
インフル薬「ゾフルーザ」シェア1位に 負担軽く人気産経ニュース
インフル治療、1回飲むだけ 新薬「ゾフルーザ」登場日本経済新聞

インフルエンザに“新薬”登場 早くも学級閉鎖に
www.fnn.jp 2018年12月03日 20:18
2018年3月に発売された「ゾフルーザ」は、1回の服用で治療が終了。 また、タミフルなど、これまでのインフルエンザ薬は、細胞の中で増殖したウイルスの拡散を防ぐというものだが、ゾフルーザは、細胞の中で、ウイルスの増殖そのものを抑える薬。 廣津院長は「ウイルスが早く ...

インフル新薬「ゾフルーザ」に医師が慎重になる理由
毎日新聞 2018年12月02日 06:05
昨シーズン(2017/18年)に米国で8万人もの命を奪ったインフルエンザ。00年代初頭に登場した抗インフルエンザ薬「タミフル」(注1)は転落死などの事故との関係が指摘され使いたくないという声があるなか、今年3月には「ゾフルーザ」という新薬が緊急発売され注目を集めてい ...

ゾフルーザ、画期的インフルエンザ治療薬に懸念点
Business Journal 2018年11月12日 21:03
従来の治療薬であるタミフルなどは、ノイラミニダーゼ阻害薬(増殖したウイルスを、その細胞の中に閉じ込めることによって拡散を抑制する薬)であるのに対して、ゾフルーザはエンドヌクレアーゼ酵素阻害薬(ウイルスの複製を抑制する薬)で、作用機序が異なります」(岡本医師).

インフル対策2018、新薬「ゾフルーザ」の効果は?
ダイヤモンド・オンライン 2018年11月21日 05:10
インフルエンザの流行が始まっている。ワクチン接種は11月中に済ませるのが理想的だ。2回接種をするなら2~3週間ほど間隔を空け、12月中に2回目を接種するといい。 大人でも注射は嫌なものだ。インフルエンザワクチンは筋注で、正直に言えば痛い。国内でも負担が少ない「 ...


広告

広告

イナビルのシェアをゾフルーザが奪う構図
日経メディカル 2018年11月15日 00:35
三和 護=編集委員. 2018/19シーズンに主に使う抗インフルエンザ薬は、タミフルが43.6%で1位だった。2位は27.4%でイナビル、今シーズンが本格的なデビューとなるゾフルーザは15.1%で3位だった。直近の調査との比較では、ゾフルーザがイナビルのシェアを奪う構図が鮮明 ...

注目浴びるインフル新薬「ゾフルーザ」 従来薬との違いは?
ニフティニュース 2018年11月08日 07:35
昨シーズンの終盤に販売開始されたゾフルーザは、発売からわずか2週間で40万人に処方された。本格的な流行シーズンを通して処方されるのは、今回が初めてとなる。 タミフル、リレンザ、イナビルといった従来のインフルエンザ治療薬とゾフルーザが大きく異なるのは、薬が効く ...
新薬ゾフルーザの利点と残された懸念日経メディカル
1回飲めばOK インフルエンザに注目の新薬登場www.fnn.jp
インフル新治療薬ゾフルーザは1回のむだけ日テレNEWS24

飛び降り、号泣・・・「異常行動」新薬でも インフルエンザのシーズン到来!何に気を付けるべきか
www.fnn.jp 2018年11月23日 18:03
また2018年2月にタミフルと同じ経口摂取型の新薬「ゾフルーザ」が国に承認された。 ゾフルーザは一回飲むだけでA型とB型のインフルエンザに効果があるとされる画期的な治療薬で、昨シーズンは3.7万人に処方されている。 →新薬「ゾフルーザ」についての記事はこちら 「1回 ...

画期的なインフルエンザ新薬、「ゾフルーザ」をFDAが承認
Yahoo!ニュース 個人 2018年11月10日 20:20
ゾフルーザは、従来の抗インフルエンザ薬とはウイルス抑制の仕方が異なります。この治療薬は、ウイルス自体の増殖に必要なキャップ依存性エンドヌクレアーゼと呼ばれるものを阻害するのです。理論的に言えば、従来の治療薬よりもインフルエンザに対して効果が高いという ...

  1. インフルエンザ 変わる治療薬の市場―ゾフルーザがシェア拡大 タミフル ...
  2.  

  3. ゾフルーザの作用機序 | 作用メカニズム | 抗インフルエンザウイルス剤 ...
  4.  

  5. ゾフルーザ錠10mg/ゾフルーザ錠20mg/ゾフルーザ顆粒2%分包
  6.  

  7. ゾフルーザ錠10mg・錠20mg・顆粒2%分包 | 製品情報一覧 | 医療関係者 ...
  8.  

  9. 第8回 ゾフルーザとタミフル、どちらを処方する?|スペシャリストの視点 ...
  10.  

  11. 日本感染症学会 - ガイドライン・提言 - 提言 - キャップ依存性エンド ...
  12.  

  13. 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ 処方経験医の84%が「今後、処方増やす ...
  14.  

  15. 【レビュー】インフルエンザにゾフルーザ®は使うべきか? : EARLの医学 ...
  16.  

  17. 塩野義 抗インフルエンザ薬ゾフルーザ顆粒剤の承認取得 申請から約5か ...
  18.  

  19. 1回飲むだけのインフル新薬「ゾフルーザ」ってどんな薬? 医師に聞いた ...
  20.  


 
 



広告

広告

 

この記事に関連する記事一覧

 
広告 広告
幸畑薬局(青森)へようこそ
幸畑薬局
管理薬剤師  工藤 良一郎
TEL 017-728-5332
FAX 017-728-5335
休日夜間連絡先:017-728-5332
青森市大字幸畑字松元98番地
幸畑写真集
 
広告 広告
@kouhataaomoriツイート
地図
最近の投稿
平成26年11月の薬事法改正について
カテゴリー