熱中症 6月も注意を

国内では、暑さが原因でめまいがしたり、
体がだるくなったりする熱中症で、
年間4万~5万人が救急搬送されている。
 
夏本番を迎える7、8月が最も多いが、
医師は体が暑さに慣れていない
6月も注意してほしいと呼び掛けている。
 
毎日新聞2017年5月29日
https://mainichi.jp/articles/20170529/k00/00e/040/124000c
 

[normal_box color=”orange” border=”b3″]6月も注意を 暑さに体慣れず
毎日新聞 2017年05月29日 07:37
国内では、暑さが原因でめまいがしたり、体がだるくなったりする熱中症で、年間4万~5万人が救急搬送されている。夏本番を迎える7、8月が最も多いが、医師は体が暑さに慣れていない6月も注意してほしいと呼び掛けている。 熱中症は、暑さで体内の水分や塩分のバランスが …
 

熱中症に注意 諏訪で7月上旬並みの気温に
長野日報 2017年05月20日 06:01
同事務所によると、5月下旬から6月は真夏の時期と並んで熱中症への注意が必要という。5、6月はまだ体が暑さに慣れていない時期で汗をかきにくく、真夏の暑さほどでなくても熱中症になる危険があるといい、「こまめに水分を取り、日陰での休息時間を設けるなどしてほしい」と …
郡上で31・8度 熱中症への注意呼び掛け中日新聞
全国各地で真夏日 あすも熱中症に十分注意NHK
今日も熱中症に注意して! 各地で5月としては異常な暑さを記録した21日J-CASTニュース
 

【動画】明日29日(月)のウェザーニュース・お天気解説 – ウェザーニュース
ウェザーニュース 2017年05月28日 17:01
明日29日(月)の天気を、ウェザーニュースキャスター松雪彩花がお伝えします。 box0. こんばんは☆ 北海道や沖縄ではお出かけには生憎の天気となりましたが、広い範囲で …
 

酷暑の中部、熱中症相次ぐ 各地のマラソン大会で搬送
中日新聞 2017年05月22日 12:07
各地で6月下旬~7月下旬並みの気温が観測された福井県内では、あわら市で開かれた「トリムマラソン大会」で28歳の男性がゴール後、熱中症とみられる症状で病院に搬送された。若狭町であったウオーキングイベント「若狭・三方五湖ツーデーマーチ」でも、大分県から参加 …
長野のマラソン大会でも熱中症か、8人搬送 重症者も産経ニュース
暑い! 熱中症あいつぐ 運動会やマラソン大会…朝日新聞
 

2017年夏 全国的に厳しい暑さの見込み? – AGARA 紀伊民報
紀伊民報 2017年05月25日 16:30
気象庁が発表した6~8月の3か月予報によると、今年の夏は北海道から沖縄まで全ての地域で気温が高くなると予想されており、全国的に厳しい暑さとなる見込みです。
 

熱中症予防には暑さが本格化する前の梅雨どきから「汗トレ」を!
SankeiBiz 2017年05月18日 10:21
夏日本の夏(6~8月)の平均気温は上昇傾向に(※1)。6月後半は梅雨明け前なので暑さ対策を忘れがちですが、熱中症による全国の搬送人数は、6月中旬には約1000人、6月末から7月上旬にかけては約5000人近くにまで急増しています(※2)。梅雨が始まるこの時期から …
県HPに熱中症情報 搬送者数や暑さ指数読売新聞
 

~8月「厳しい暑さ続く可能性」 気象庁
日本経済新聞 2017年05月24日 21:48
気象庁は24日、~8月の3カ月予報を発表した。全国的に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年より高くなるとみられる。西日本の太平洋側では降水量が平年並みか多くなるという。同庁は「厳しい暑さが続く可能性がある」として、熱中症への注意を呼びかけている。
北海道 暑い夏に(6月~8月の天候) – エキサイトニュース(1/2)エキサイトニュース
九州 6月~8月の天候BIGLOBEニュース
今年は8月猛暑、7月は多雨 気象庁3カ月予報「厳しい暑さ続く恐れも」産経ニュース
 

【いにしゃるR 第6話】めざせ栄光の星 と大事なお知らせ
レスポンス 2017年05月28日 20:30
なんとか意識を取り戻し、ここがサーキットであること、レース前に熱中症で倒れてしまったことを思い出す。意識が … そのお披露目はちょうど編集部として参加予定だった、6月18日にツインリンクもてぎで開催される「グローバルMX-5カップジャパン」の第3戦に照準を合わせた。
 

鳥取県:GWの熱中症に注意呼びかけ 鳥取砂丘でチラシも – 毎日新聞
毎日新聞 2017年05月03日 11:45
鳥取県北栄町で4月30日、90代の女性が熱中症とみられる症状で亡くなったことを受け、県などの関係機関が警戒を呼び掛けている。体が暑さに慣れきっていないこの時期 …
GWの天気予報は?晴れた日は「熱中症」に要注意All About NEWS
 

5~6月の搬送者 9月と同水準
日本経済新聞 2017年05月01日 16:03
総務省消防庁によると、昨年の熱中症による救急搬送は5月が約2800人、6月が約3600人。7月や8月は2万人前後で飛び抜けているが、残暑の厳しい9月の約4千人と比べても高水準。一昨年は5月が約2900人、6月が約3千人と、9月の約1400人を大きく上回った。
 


広告

広告

     

  1. くらし 解説 「熱中症 今から気をつけて!」 | くらし 解説 | NHK 解説委員 …
  2.  

  3. 6月から始める熱中症対策(6月) – 逓信病院
  4.  

  5. 夏期(6月から9月) の熱中症による救急搬 送状況
  6.  

  7. 熱中症の起こりやすい時期 – 大塚製薬
  8.  

  9. 平成28年6月の熱中症による救急搬送状況(平成28年7月15日)
  10.  

  11. 【健康福祉局】熱中症対策
  12.  

  13. 東京消防庁<安全・安心><トピックス><熱中症に注意!>
  14.  

  15. 熱中症は予防が大事! 「高温注意情報」や「暑さ指数」の情報を活用し …
  16.  

  17. 熱中症予防強化月間
  18.  

  19. 5~7月の気温は高め 気象庁「熱中症に注意」 :日本経済新聞
[/normal_box]

 

 

熱中症は、暑さで体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節がうまくいかなくなって起きるさまざまな症状。運動中だけでなく、温度や湿度が高ければ部屋にいてもかかる人がいる。
 
東京都立多摩総合医療センターの清水敬樹救命救急センター長は「暑さに体が慣れていない時期は、汗をかいて体を冷やす機能がうまく働かないことがあるため、注意が必要だ」と指摘している。
 



広告

広告

コメントを残す