阪大 心筋細胞の増殖解明 心不全治療に道

出生した後はほとんど増えなくなるとされる
哺乳類の心筋細胞が、
炎症から回復する過程では増殖することを
マウスの実験で解明したと、大阪大のチームが
3日付の英科学誌電子版に発表した。
 
心不全は心筋細胞が減少して起きるため、
増殖の詳しい仕組みを解明し、人為的に心筋細胞を増やせれば、
新たな治療法の開発につながる可能性があるとしている。
 
日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG03H4L_T00C17A5CR8000/
 
[normal_box color=”orange” border=”b3″]心筋細胞の増殖解明 阪大、心不全治療に道
日本経済新聞 2017年05月03日 20:20
出生した後はほとんど増えなくなるとされる哺乳類の心筋細胞が、炎症から回復する過程では増殖することをマウスの実験で解明したと、大阪大のチームが3日付の英科学誌電子版に発表した。 心不全心筋細胞が減少して起きるため、増殖の詳しい仕組みを解明し、人為的に …
 

心不全から身体を守るのは「心臓・脳・腎臓をつなぐ臓器ネットワーク」
@IT MONOist 2017年04月28日 15:29
この心臓マクロファージが、心筋細胞の働きを助けるタンパク質「アンフィレグリン」を分泌して、心臓の機能を維持していることが明らかとなった。 また、アンフィレグリンが働かないようにしたマウスは、心不全になりやすかった。さらに、心不全を発症したマウスにアンフィレグリンを …
 

ヒトiPS細胞から心筋細胞・血管細胞を含むメッシュ状の人工心臓組織を開発-CiRA
QLifePro医療ニュース 2017年04月06日 13:39
薬剤による治療が困難な重症心不全の患者に対しては、これまで心補助装置の植込みや心臓移植などが行われていた。近年では、新たな治療法としてヒトiPS細胞から分化誘導した心臓の細胞を移植する方法が研究されている。 研究グループは、ヒトiPS細胞から効率的に心筋 …
 

千葉大ら、心不全の新しいメカニズムを解明- 新しい治療法の開発に期待
マイナビニュース 2017年04月14日 17:26
心臓では、免疫細胞の一種であるマ クロファージが重要で、心筋細胞の働きを助ける「タンパク質」(アンフィレグリン)を提供して心臓の機能を維持していることを発見したという。 このタンパク質を働かなくしたマウスは心不全になりやすく、また心不全を発症したマウスにこの …
 

心不全に関わる新たな臓器ネットワークを発見-千葉大ら
QLifePro医療ニュース 2017年04月13日 14:38
心臓では、免疫細胞の一種であるマクロファージが重要であり、心筋細胞の働きを助けるタンパク質「アンフィレグリン」を提供することで心臓の機能を維持していることを発見。アンフィレグリンを働かなくしたマウスは心不全になりやすく、また心不全を発症したマウスにこのアンフィレ …
千葉大など、心不全のメカニズムを新たに解明ニフティニュース
 

心不全改善につながる新たなメカニズムを解明
大学ジャーナルオンライン 2017年04月19日 17:01
さらに同グループは、心臓への負担が増加すると、心筋細胞の働きを助けるタンパク質「アンフィレグリン」が分泌されることを見いだした。アンフィレグリンが働かないマウスは心不全になりやすく、逆にアンフィレグリン投与により、心不全マウスの症状が改善されることを発見した。
 

京大CiRA、ヒトiPS細胞からメッシュ状の人工心臓組織の作製に成功
マイナビニュース 2017年04月04日 18:33
薬剤による治療が困難な重症心不全の患者に対し、心補助装置の植込みや心臓移植などが行われているが、新たな治療法としてヒトiPS細胞から分化誘導した心臓の細胞を移植する方法が研究されている。 同研究グループはヒトiPS細胞から効率的に心筋細胞や血管を構成 …
ヒトiPS細胞由来心筋組織移植により、移植心筋の拍動に伴う脈圧形成に成功-東京女子医大QLifePro医療ニュース
 

線維芽細胞を用いた再生医療で心不全に挑む、慶大発ベンチャー メトセラ
マイナビニュース 2016年12月02日 10:00
心不全に向けた再生医療技術として国内では、大阪大学の澤芳樹教授らの研究グループや、京都大学iPS細胞研究所の山下潤教授の研究成果をもとに設立されたベンチャー企業「iHeart Japan」が、iPS細胞から作製した心筋シートを移植する手法の臨床応用に向けた研究を …
 

心不全の一因を解明 熊大など、心筋細胞が物質過剰分泌
日本経済新聞 2016年09月28日 21:10
心臓のポンプ機能が低下して体に十分な血液を送り出せなくなる心不全は、老化したり、高血圧でストレスを受けたりした心筋細胞から過剰に分泌されるタンパク質が原因の一つであることを熊本大などの研究グループが解明した。英科学誌電子版に28日発表した。分泌は遺伝子 …
心不全の新たな発症メカニズムを解明し、新規遺伝子治療法を開発 – 熊本大マイナビニュース
心不全発症の仕組み、熊大グループが発見読売新聞
心不全促すタンパク質 研究グループ発見毎日新聞
 

心不全原因に心筋細胞のタンパク質過剰分泌 熊本大などの研究グループ解明
産経ニュース 2016年12月15日 07:07
心臓機能が低下し、十分な血液を送り出せなくなる心不全は、老化したり、高血圧でストレスを受けた心筋細胞から過剰に分泌されるタンパク質が原因の一つであることを、熊本大などの研究グループが解明した。英科学誌電子版「ネイチャーコミュニケーションズ」に発表した。


広告

広告

[/normal_box]

 

 
チームは、ウイルス性心筋炎を発症した患者の多くに、心機能の自発的回復が見られることに注目。実験で、大人のマウスに心筋炎と同じような炎症を起こすと、いったん心筋細胞が萎縮し減少するものの、回復する過程では一部が増殖することが分かった。
 
増殖には、細胞の増殖や分化を制御するSTAT3というタンパク質の働きが欠かせないことも突き止めた。
 
チームによると、一部の魚類やイモリなどの有尾両生類では、心臓が傷害を受けると心筋細胞が増殖し、心臓組織の再生や修復をすることが知られている。
 
藤尾慈教授(循環薬理学)は「心筋細胞自らの修復機能を目覚めさせる技術の確立を目指す」と話している。〔共同〕
 
 



広告

広告

コメントを残す